「スノボゴーグル」の選び方|おさえておくポイントはここ!!

ペンタくん
そろそろスノボゴーグルを買いたいんだけど何かいいのないかな?
やっぱりカッコいいゴーグルがいいな~
ゆう
ぺんた君カッコいいスノボゴーグル選びも大事だけどもっと大事な事があるよ。
少し説明するね。

スノボのゴーグル必要性とは?

スノボのゴーグル必要性とは?

そもそもスノボゴーグルはなぜ必要なのでしょうか?
必要な理由はこちらです。

視界の確保

スノボゴーグルの一番の必要性は
やはり視界の確保でしょう。

天気のいい時だと太陽の光が雪に
反射して眩しすぎます、
また雪が吹雪いている日だと
目に雪が入って視界を邪魔してしまいます。

でもゴーグルがあると
そんな心配はいりません、
どんな状況でも視界を確保してくれます。

ここで一つ名言があります、
「スノボでゴーグル選びを制覇する者は
ゲレンデを支配する」

ちょっと私がつくっちゃいました~(笑)
それくらいゴーグル選びは大事です。

目を守ってくれる

スノボゴーグルは
紫外線から目を守ってくれます!!

雪は真っ白なので紫外線の反射率がよく
新雪で約80%と言われています。
(ちなみに水面で10%~20%)

これだけ紫外線を浴びていると
肌あれもひどくなってしまい
気が付いた時にはもう手遅れみたいな
事になってしまいますが
ゴーグルがあれば紫外線から
守ってくれます。

また
スノボをしていると
小さい枝などが
飛んできて目に当たる事がありますが
ゴーグルをしていると目から守ってくれます。

スノボのゴーグル選びで大事な事

スノボのゴーグル選びで大事な事<
スノボゴーグル選びで大事な事は
「視界の確保」です!!

カッコいいデザインで
ゴーグルを選び事もいいですが
まずは「視界の確保」が大事になってきます。
ゲレンデの視界が確保できないと
滑りにくく怪我につながります。

では「視界の確保ができるゴーグル」とは
どんなゴーグルなのでしょうか?

やはり一番は
「曇らないゴーグル選び」が大事です。

なぜゴーグルって曇るの?

スノボゴーグルが曇る原因は2つあり
「レンズの外側と内側の温度差」や「ゴーグル内の雪などが入る事」で
「水滴」がついてしまう事が曇る原因です。

例えば暖かい暖炉のある休憩所から
寒いゲレンデに行く時など
「温度差が出てしまいます」
この温度差が曇る原因になります。

車とかでも曇ったことはないですか?
あれは外と内の温度差が原因で
窓をあければ直りますね。
それと同じだと思って下さい。

ではどうしたらゴーグルが曇りにくくなるのでしょうか?
色々ありますが一番は
「自分の鼻の高さにあったフィットする物を選ぶ」事が大事です。

フィットするスノボゴーグルを選ぶ

ゴーグルが自分の鼻の高さに合っていないと
ゴーグルと鼻との間に隙間が
できてそこから雪や風が入るので
レンズが曇る原因になります。

特に
日本人は鼻が低い人が多いので
海外メーカーのゴーグルは
鼻の高い外国人向けに作られているので
合わない事が多いです。

そのため
「国産ブランド」か
日本人のために作られた
「JAPAN FIT又はJAPAN」モデルを
選びましょう、
一例を紹介します。

国産ブランド
  • DIEE(ダイス)
  • SWANS(スワンズ)
JAPAN FIT又はJAPANモデルがあるブランド
  • OAKLEY(オークリー)
  • SMITH(スミス)
  • ドラゴン(dragon)

スノボゴーグル選び方

スノボゴーグル選び方

レンズの形

レンズの形は基本2種類で「平面レンズ」と「球面レンズ」になります。
最近は平面レンズと球面レンズのハイブリットも出てきています。

まず「平面レンズ」・「球面レンズ」とは
その名の通り
レンズが平面でできているか
球面でできているかの違いです。

スノボゴーグル選び方2
【平面レンズ】

スノボゴーグル選び方3
【球面レンズ】

平面レンズは目とレンズ距離近く平面なので
視界のゆがみが少なく
普段見ている感覚で自然な感じです。

逆に球面レンズは目とレンズ距離遠く
湾曲しているので視界が歪みやすく
ゴーグル特有の立体的な見え方をします。

球面レンズの方はレンズが湾曲しているため
ゴーグルの中が広く平面レンズと比べて
曇りにくいと言われています。

そして硬さは
平面レンズは柔らかく
傷がつきやすく

逆に球面レンズは硬く
傷つきにくいと言われています。

どちらもメリット・デメリットがあるので
好みで選んでもらえば問題ないと思います。

レンズの色

レンズの色の特徴
スノボゴーグル選び方4

レンズの色は
その天候に合わすことによって
光の調整をして凹凸が見えやすくなります。

その天候に適したレンズがいいですが
はじめは全天候対応のしやすいオレンジ・ピンクのゴーグルをおすすめします。
まずこれを選んでいれば間違いはないでしょう。

私も色々のゴーグルの色を持っていますが
ほとんどオレンジ・ピンクのゴーグルしか使いません。

レンズの枚数

1枚のシングルレンズと
2枚を重ねて付けるダブルレンズがあります。

ブランドの物だとほぼダブルレンズですが
格安のゴーグルだと
シングルレンズの物があります。

ダブルレンズの方が曇りにくいので
おすすめです、
理由は
2枚のレンズの間に空気層を設けることにより
レンズの内外の温度差を中和して曇りにくくするレンズです。

湿度が高いときや雪がいっぱい
降っている時に特に役に立ちます。
ただ2枚になるためお値段も高く2重なので
レンズに歪みが少し出てしまいます。

可視光線透過率

可視光線透過率とは
「外の光をレンズにどれぐらい通すかの割合」
可視光線透過率が100%に近いほど光を通し、
逆に0%に近いほど光を通しません。

簡単に言うと「レンズの明るさ」です。
この下記の表が一般的な目安です。
可視光線透過率の目安

フレームのありなし

スノボゴーグル選び方5

ゴーグルには
フレームありとフレームなし(フレームレス)の
ゴーグルがあり

フレームありは
枝とかがゴーグルにあたっても
フレームが保護してくれるので
傷つきにくいです
フレームナシ(フレームレス)は
何もないので傷つきやすいです。

ですが
フレームナシ(フレームレス)は
その名の通りフレームがないので
視界が広く
逆にフレームありは視界が狭いです。

このようにお互いのメリット・デメリットがあり
どちらがいいというわけではなく
お好みで選んでもらえばいいと思います。

人気のスノボゴーグルのブランドと特徴

作成中

スノボゴーグル選び方「まとめ」

スノボゴーグル選び方「まとめ」

どうでしたか~?
スノボゴーグルの選び方は
わかりましたか~?

まとめると

スノボゴーグルの大事さは
特に「視界の確保」のためで
そのためにゴーグルを
曇らせない事が大事です。

曇らせないためには
フィットするゴーグルを選ぶことが大事で
「国産ブランド」か日本人のために作られた
「JAPAN FIT又はJAPAN」モデルを
選びましょう!!

ゴーグルまとめ
  • レンズの形は平面レンズと球面レンズ
  • レンズの色は全天候対応のオレンジ・ピンクがおすすめ
  • レンズの枚数は曇りにくいダブルレンズがおすすめ
  • ゴーグルにはフレームありとフレームナシがありお好みで
以上がスノボゴーグルの選び方です、
ゴーグルは自分の好みがあるので
早く自分似合うゴーグルをみつけ
よりスノボを楽しんでくださ~い。