簡単!!スノーボードの「スタンス幅」と「スタンスアングル」の決め方と一覧表!!

未分類
ぺんた君
そろそろ、スタンス幅とスタンスアングルの調整をしてさらにレベルUPしたいんだけど
教えてくれないかな?
ゆう先生
ぺんた君、初心者なのになかなかどんよくだね(笑)でも勉強はいい事だから説明するね。

1.スタンス幅とスタンスアングルの大事さ

スタンス幅とスタンスアングルの調整はかなり大事です。
自分の買った板のニュートラルポジションが自分のスタンス幅に合っていればいいですがあってない事もあるので確認はしましょう。

私も以前小回りが利く滑りがしたいと思い短めの板を購入したことがありましたが滑っている時

「何か板を変えて動きつらいな~」

と思いながら滑っておりましたが友人に

「スタンス幅変えてみたら?」

と言われ少しスタンス幅を広げるとあらまあらまと滑りやすいじゃありませんか?
自分には短めの板だったのでニュートラルポジションのスタンス幅の設定が狭かったのです。

また友人はキッカーで板を回したりはできなかったのですがある日スタンス幅を変えただけで動きやすくなりきっかけをつかみ板を回せるようになったと言ってました。

スタンス幅変えただけで上手くなるなら全然やります。やはり自分にあうスタンス幅探しは上達の早道だったのです。


又スタンスアングルかなり大事です。

特に初心者には大事です。

私も初心者の時ターンがなかなかできなかったのですが
上手な友達にスタンスアングル両足とも前向きにしてみたらと言われやってみると

「何だ?この板の乗れる具合は?」

と思いたったスタンスアングルを両足を前向きにしただけで板の操作が凄くやり易くなるが明らかにわかりました。
当時私は初心者なのに「ダックスタンス」という両足が広がるスタンスをしておりました。

「ダックスタンス」はスイッチ(左足前・右足前の両方で滑れるスタンス)をやる人のスタンスだったのですが当時の私は基礎ターンを覚えたかったので全く間違いスタンスでした。

やはり自分の滑るスタイルに適正な「スタンスアングル」があるので把握しましょう。
私はその日の滑るスタイルによって「スタンスアングル」は変えております。毎回自分の最高パフォーマンスをだしたいので。

なんとなく「スタンス幅とスタンスアングル」の大事さは理解してもらえたでしょうか?
では今からどうやって自分のスタンス幅とスタンスアングルの決めるか?具体的に説明します。

2.スタンス幅の決め方

・スタンス幅ってどこからどこなの?

まずスタンス幅と聞いてどこからどこまでと説明できますか?
ビンディングとビンディングの間の距離なんだけどビンディングの「真ん中からはかるのか?」・「それとも内側からか?」・「外側からか?」正確にはわからないという方が多いですがここを間違えると本末転倒になるのでしっかりと覚えときましょう。

スタンス幅は「ビンディングのディスクの中心からビンディングのディスクの中心」です。図でいうと2番です。

・スタンス幅どれぐらいがいいの?

結論から言うと一般的にスタンス幅は

肩幅~+5㎝ぐらい

がいいです。初心者の方は肩幅ぐらいの方がいいという方もおられますがスノーボードは「回旋」「上下運動」「エッジング」など体を上下左右に動かすことが多いのでスタンスを少し肩幅より少し広めをおすすめします。

そもそも板には推奨スタンス幅があるのです。

推奨スタンスとは「本来板が持っている性能を最大限に出すことができるスタンス幅」です。
もともと板の長さは自分にあったサイズを選ぶので推奨スタンス幅に合う事が多いです。

基本的に推奨スタンス幅が「肩幅~+5㎝ぐらい」まで入っていると思います。
少し自分でスタンス幅をかえて一番自分がやり易いスタンス幅を探しましょう。

・自分にあうスタンス幅を見つける方法

結局はある程度のスタンス幅の目安がありますがここからは自分にあうスタンス幅を見つないといけません。

その見つける方法が

「スタンス幅をこまめに変えて試す」

もうこれしかないのです。
色んな幅の設定をする事によってやりにくい幅もわかり又やりやすいスタンス幅を見つけた時にどこがやりやすいか正確にわかります。

こういった地道な努力がスノーボードの上達につながっていくのです。

・「スタイル」によってスタンス幅は変える

基本はスタンス幅はスタンス幅は「肩幅~+5㎝ぐらい」が目安ですが自分のスタイルによってスタンス幅は変わります。

例えばグラトリをやりたい人はスピンをしたいため板を回しやすいのを好みます。

そのためにはスタンス幅を広げるとスタンス幅がのびた分ノーズとテールの部分が短くなるので板を回しやすくなります。

又カービングをしたい人は板をしならせたいために板の中心に荷重をしなければいけませんがスタンス幅が広いと全体で板を押すのでしなりが悪くなります。
そのためスタンス幅を短くしてイメージとしては点で押すのでよくしなります。

お店とかで板の硬さをはかるために板を立てて手でしならす店員さんを見たことは無いでしょうか?
手が点のイメージなので押すよくしなります。

このようにスタイルによってスタンス幅はかわります。下記に「各スタイル別「スタンス幅」・「スタンス・アングル」一覧表」にまとめてますので参考にしてください。

3.スタンスアングルの決め方


まず初めにスタンスアングルはこれが絶対いいというのはありません。
なぜなら人によって「身長」・「体重」・「骨格」などが違うので違う人にはあっても自分には合わないという事も多々あります。

ただスタイルによって「おおよその推奨スタンスアングル」はあります。

例えば初心者の方には
・前15°〜21° 後ろ3°〜6°
ぐらいをおすすめします。

初心者に求められるのはターンです。

ターンでも操作性が求めれるターンで操作性を上げるにはアングルを前向きしたほうがいいのです。

つまり
前足が15~21度前後、後ろ足が3~6度前後」
の「前向きのアングル」ぐらいがいいのです。

 

私も色々とアングルは変えましたがか「ターン重視する時」は「前向きのアングル」の方がやり易かった事を覚えております。
その理由は

アルペンスタイルのアングルに近づく

からです。アルペンは「カービングターン」をするために作られておりアングルなどは「前足が51度前後、後ろ足が48度前後」など極端に前向きの角度なのです。
前向きの角度は体が前に向くため上下左右に動かしやすく体重移動できたり板にしっかりと乗れます。
又ターンする時後ろ足を前に向けやすいため板の中心に乗りやすくそのため板の中心踏みやすいのでターンがスムーズにできます。

ダックスタンスで滑った事がありますがやはり後ろ足が開いているので右足(後ろ足)が前に向かないためターンはしにくかった事覚えております。
ですのでやはり初心者の方は「前足が15~21度前後、後ろ足が3~6度前後」の「前向きのアングル」をお勧めします。

このようにスタイルよっておおよその「推奨アングルスタイル」はあります。
ですが最後の微調整は自分で試して調整しなければいけません。

上手に滑れる方はコツコツと検証と修正を繰り返して自分の「ベスト・スタンスアングル」を知っているのです。

下記に各スタイル別「スタンス幅」・「スタンス・アングル」の一覧表がありますので参考にしてください。

4.各スタイル別「スタンス幅」・「スタンス・アングル」一覧表

・初心者向け「スタンス幅」&「スタンス・アングル」

スノーボードのビギナー向け人のスタンスアングルとスタンス幅の図
スタンスアングル・・・前15°〜21° 後ろ3°〜6°
スタンス幅・・・肩幅

スノーボードの初心者に求められるスタンスは「レギュラーで操作性があるターンのためのスタンス」です。
操作性を上げるには左右に動きだけではなく前後の動きが必要で体をすこし前に向けるための前向きのアングルが必要になってきます。
そのため前足も後ろ足もスタンスアングルは前向きのぷらすにしましょう。
個人的にはターンだけを考えるともっと前向きの「前24°・後ろ9°」ぐらいでもいいのですがある程度上手くなるとスイッチスタンスの練習やグラトリの練習をするためすこしでもダックの角度に近いスタンスで滑っている方がのちのち上達が早くなるとおもいます。

・オールマイティ「スタンス幅」&「スタンス・アングル」

スノーボードのオールマイティ向け人のスタンスアングルとスタンス幅の図
アングル・・・前15°〜21° 後ろ3°〜−6°
スタンス幅・・・肩幅~+5cm(やや広め)

オールマイティスタンスの角度の特徴は後ろのアングルにあります。
角度が前向きでも少しだけで後ろ向き(マイナス)でも「3°〜−6°」無理のない角度なのでカービング・グラトリ・スイッチスタンスもどれもそこそこできるスタンスです。
どれかに特化はしてないですが一つの「アングルスタンス」で色んな滑りをしたい人に」向いてます。

・フリーライド(カービング)「スタンス幅」&「スタンス・アングル」

スノーボードのカービング向け人のスタンスアングルとスタンス幅の図
前18°〜24° 後ろ6°〜9°
スタンス幅・・・肩幅~-5cm(やや狭め)

カービングがしやすいアングルです。特に後ろ6°〜9°をする事によって右ひざを前に入れやすくなるので板にしっかりと体重をのせること(荷重)ができる事によりワンランク上のカービングできます。

又スタンス幅を狭める事により板のしなりを使いやすくなるのでよりカービングがしやすくなります。まさしく「カービングのためのスタンスアングル」です。

・グランドトリック「スタンス幅」&「スタンス・アングル」

スノーボードのグラトリ向け人のスタンスアングルとスタンス幅の図
前9°〜15° 後ろ0°〜−12°
スタンス幅・・・肩幅+5cm~+10cm(にとってください広め)

グランドトリックではスピンなどが求められるため板のスイング(ふり)が早くなければいけません。

スタンス幅を広げることにより足から外側の部分(ノーズ・テール)が短くなるのでその分板が回しやすくなりスピンがし易くなります。又まわした後に着地するときもスタンス幅が大きい程、安定性が増します。
又ダックスタンスなのでスイッチも滑りやすいでしょう。

※スタンス幅はグランドトリック(板をまわしたいので広め)以外は各板の推奨スタンス幅があるので参考にしてください。