スノボが怖い理由と怖くならない3つの対策!!|これで急斜面のターンも突破しよう!!

あの~、やっぱりスノボに恐怖心があって怖いのですが、、、。どうしたらいいですか??

スノボをやりはじめた時ってほんと恐怖心との戦いだよね。でも大丈夫、怖くならない3つの対策をこっそり教えるね~!!

スノーボードのやり始めた時ってほんと滑るのって怖いですよね!!私もやり始めはすごく怖かったですし、今でもスピードを出すと怖い時が多々あります(笑)

ですがご安心ください!!
今回の記事は怖くならない三つの対策をご用意しましたので、是非参考にしていただき恐怖心の軽減をしていただければ嬉しく思います。それでは本記事にお進みくださ~い。

記事を書いた人はこんな人
  • 【スノボ歴10年以上】
  • 【元インストラクター】
  • 【北海道・長野に住み込み経験あり】
こんな人に読んでもらいたい
  • スノボでターンする時が怖い
  • スノボでスピードが出ると怖い
  • スノボでよくこけるので恐怖心がある

スノボが怖いと思う3つの理由

まずスノボが怖いと思う3つの理由を知りましょう!!

理由①板の操作がうまい事でない

まずスノボが怖いと思う一番の理由は板の操作がうまいことできてないからです!!つまり操作がうまいことできないため止まることもできないのです。

一度走り出したらこけるまで止まらないそんなスノーボードは嫌ですよね(笑)

理由②スピード出てしまう

ある程度操作できるになってもやはりスピードが出てくると怖くなってしまい操作ができないことがあります。スピードが出ると強いっていうのも大きな理由でしょう!!

理由③こけると痛いから怖い

ターンがある程度できるようになっても、一度こけてお尻から強く打つとすごく痛いです!!そして恐怖心がうえつけられスノーボードが怖くなることがあります。

こけると痛い、それがスノーボードの怖い理由になることも多いですね。

スノボが怖くならないようにする3つの対策

それでは怖い理由はわかったと思いますので、それに対する対策をお伝えさせていただきます。ここがすごく大事なのでしっかり覚えていただけると嬉しいです!!

板の操作をうまくするには?

ここは基本的には練習しかないですが板の操作を上手くしてターンをしやすくする方法でスタンスアングルを変える方法があります。

例えばタックスタイルはグラトリなどに向いていますがターンをするんだったら、前足と後ろ足のスタンスアングルをプラスにして足を前に向けるアングルの方が向いています!!

まずは前足と後ろ足のスタンスアングルをプラスにして操作性を挙げましょう!!詳しくはスタンスアングルの記事をお読みください。

簡単!!スノーボードの「スタンス幅」と「スタンス角度」の決め方と一覧表!!

スピードをコントロールするには?

スノーボードをしていて恐怖心があるとよりスピードが出ます。

その理由は体が後ろに傾き後傾になってしまうからです!!スノーボードは基本的にターンする時,前足に体重が乗っているほうがターンがしやすいです!!

ですのでここは頑張って前足に体重をかける意識をしましょう。

こけて痛くならないようにするには?

スノーボードはやはりこけると痛いので一度こけると怖くなってしまいますが対策は三つあります。

プロテクターをつける

プロテクターをしているとこけた時に痛みをかなり軽減してくれます!!しているのとしてないのでは痛みに雲泥の差がありますので、特に初心者の方はお尻だけでもいいのでケツパッドはしましょう~!!
人によってはケツバッドを二つしている方もおられますよ~(笑)それぐらい大事です。私もスノーボードしている時は必ず装着しております。

【21-22】スノボプロテクター選び方&おすすめの㊙情報!!

雪の降った次の日の柔らかい雪を狙う

もし可能であれば天気のニュースを見て雪が降る次の日を狙いましょう~!!もうこれだけで全然痛みが違います、むしろこけても全然痛くないのでスノーボードが楽しく集中して滑れます!!

私は日程調整など出来る時は、いつも天気のニュースを見て雪が降った次の日を狙うようにしています。そして雪が降った次の日はこけても痛くないので本当に気持ちよく滑れます!!

スノボが怖くなくなった友人の話

私の友達でスノボ初心者の方がいたのですが、その方はスノボに行く時いつも怖いし、こけたら痛いと言っていました。そして話を聞いているとプロテクターをしてないことがわかり、まずはプロテクターをつける事をおすすめし購入することになりました。

そしてつけて滑ってみた友達の一言が

「全然痛くない!!これなら大丈夫!!」

といってスノーボードを楽しんで滑れるようになっていました。そして友達は1日ですごく上手くなっており「プロテクター恐るべし!!」とこころのそこから思いました。

プロテクターをしていなくスノボが怖い方はまずはプロテクターをしてみはいかがでしょうか?これだけで恐怖心の軽減はかなりできると思います。

スノボが怖い理由と怖くならない3つの対策!!【まとめ】

どうでしたでしょうかスノボーいが怖い理由と対策はわかりましたでしょうか?

いろんな対策方法をご紹介しましたが、ほんと怖いとスノボを楽しめないのでまずは今回お伝えした対策をやってみてはいかがでしょうか?これだけをするだけで一瞬でスノーボードが楽しくなるかもしれませんね~。

最後までご視聴ありがとうございました。