【レビュー!!】ROME SDS RAVINE(ローム ラヴィーン)の評判を徹底調査!!

最近「ROME SDS RAVINE(ラヴィーン)」が人気らしんだけど、実際どういう板なの??
「ROME SDS RAVINE(ラヴィーン)」は、特にカービングやパウダーをしたい人におすすめだよ~!!お友達が持っているので詳しく聞いてくるね~!!
こんな人に読んでもらいたい
  • パウダーを快適に滑りたい
  • 山頂から下まで地形で遊びながら滑りたい
  • どんな雪質でも快適にカービングがしたい
記事を書いた人はこんな人
  • スノボ歴15年以上・年間滑走は250日以上
  • 北海道、東海地方で住み込み有り
  • ショップライダーとしてスロープスタイルの大会を転戦していた
  • 現在はサンデーボーダー

以前はジャンプやジブなどのパークを中心にスノーボードをしていましたが、現在はバックカントリーやカービング、もちろんパークでもスノーボードで遊んでいます!

昨年の試乗会時にたくさんの板を乗った中で「この板はターンが楽しく様々なシチュエーションや地形でも遊べる!」と思って購入したROME SDSの”ラヴィーン”をご紹介します。

ROME SDS RAVINE(ラヴィーン)ってどんな板??

ROME SDS RAVINE(ラヴィーン)ってどんな板??

板の特徴はこちらです。

板の特徴
  • 形状はディレクショナルで自然と正しいスノーボードのポジションがとれるため滑りやすい
  • ノーズのダイヤモンド3D形状、ワイドなノーズはパウダーでノーズが刺さらない
  • テールに細いカーボン製のロッドが埋め込まれておりオーリーした時の反発が良い為高くジャンプができる
  • カービング時に板を踏み込むとボードの切り替えし時に板がポップする
  • ボード自体がワイド幅ですが重さを感じず取り回しが比較的楽
  • ミドルフレックスより少し硬くボードがばたつかない
  • 雪質や地形を選ばず山頂から下まで遊びつくせるオールマウンテンボード

ROME RAVINE(ラヴィーン)の評判をSNSで調査!!

ROME RAVINE(ラヴィーン)の評判をSNSで調査!!

ROME RAVINE(ラヴィーン)の評判をSNSでチェックしましょう~!!

ROME RAVINE(ラヴィーン)ありますね!!悪い評判が無かったです!!

ROME RAVINE(ラヴィーン)レビュー&評価!!

ROME RAVINE(ラヴィーン)レビュー&評価!!

ROME RAVINE(ラヴィーン)レビュー&評価!!2

【滑った状況】
  • 【雪質】・・・パウダー、アイスバーン、ピステンバーン、シャバ雪
  • 【身長・体重】・・・165㎝・65キロ
  • 【板の長さ】・・・152㎝
  • 【スタンスアングル】・・・前+12・後ろ-6
  • 【ビンディング】・・・ユニオン・フォース

レビュー&評価①【硬さ】

ミドルフレックスよりも少し硬い印象で雪面のデコボコに強く足の負担を感じず、
ハイスピードでの滑走でも安定感がある。

レビュー&評価②【重さ】

ワイド幅のボードですが、履いてみると重さは気にならない。

レビュー&評価③【操作性】

レギュラースタンスでの操作は快適ですが、
スイッチスタンスになるとノーズが長いディレクショナルシェイプの為、
ポジションを気にしなければならず少し扱いづらくなる。

レビュー&評価④【安定性】

どんな雪質、地形でも抜群の安定性。

レビュー&評価⑤【まとめ】

ROME RAVINE(ラヴィーン)レビュー&評価!!

【フリーラン・カービング】

評価 ◎

硬すぎないしっかりしたフレックスとワイド幅のボードは、ボコボコした雪面に強く安定感があり、ハイスピードでの滑走も問題ないです。

パウダーからアイスバーンまでシチュエーションを選ばず、ディレクショナル形状で良いポジションがとりやすく、キレのあるカービングターンもできる楽しい板です。

【パウダー】

評価 ◎

普通はパウダーを滑る時後ろ荷重でポジションをとらないとノーズが刺さってしまい転んでしまいます。ですがラヴィーンは

・ノーズがダイヤモンド3D形状
・雪に引っかかりにくい形状
・ノーズがテールよりも太い

ためポジションが前荷重になっても転びません、この板の真価が発揮されるシチュエーションで

「前荷重になっても転ばない!!パウダー好きにはほんとうれしいですね!!」

【パーク】

評価 △

テールのカーボンロッドにより反発がある為ジャンプでは高く気持ちよくとべる。

ジブに関しては長いノーズが少し邪魔に感じ、スイッチスタンスになると途端に乗りづらさを感じる為パーク向きではない。

【グラトリ】

評価 ×

フレックスがしっかりしている為プレス系の技がやりにくく、ワイド幅のボードと長いノーズは低速での細かい操作には向いていない。

以上まとめると

ハイスピードでの滑走、パウダーやアイスバーン等雪質を選ばず、ボコボコしたバーンやピステンバーンまであらゆるシチュエーションを快適に遊びつくせる。

山頂からレストハウスまで楽しめるオールマウンテンボード。極上のパウダーを求める方や激しいライディングをする方におすすめです!!

最後までご視聴ありがとうございました。