スノーボード・ワックススタンド(台)でおすすめ5選はこれだ!!

ペンタくん
今度「スノーボードワックススタンド(台)を購入」しようと思っているんだけど、実際のスノーボード・ワックススタンド(台)の選び方とおすすめを教えてほしいんだ!!
ゆう
OK!!
ワックス台があるとほんと楽なのでおすすめだよ〜!!それでは「スノーボード・ワックススタンド(台)の選び方」を教えるね〜!!
こんな人に読んでもらいたい
  • スノーボード・ワックススタンド(台)のおすすめを知りたい
  • スノーボード・ワックススタンド(台)の選び方を知りたい
  • 手作りの台・イスから卒業したい
  • ワックススタンド(台)を使って作業効率をあげたい
記事を書いた人はこんな人です!!
・【スノボ歴10年以上】
・【元インストラクター】
・【北海道・長野に住み込み経験あり】

スノーボード・ワックススタンド(台)の重要性

スノーボード・ワックススタンド(台)の重要性

今手作りのワックス台やイスなどで使ってワックスをしている方は「作業は手作り台やイスを使ったらいいのでは??」と考えってらっしゃる方はおられませんか??

以前の私もとりあえず手作りのスタンド(台)があったらいいだろうと思ってましたが、実際に購入して使ってみると全然違いました。

スノーボード・ワックススタンド(台)をつかうメリットはこちらです。

メリット
  • 作業効率がいい(手作りはむりな姿勢でするため効率が悪いです。)
  • 腰が痛くない!! (手作りはむりな姿勢が多い事が多いため)

スノーボード・ワックススタンド(台)を使うと作業効率がかなりいいです。「いままで手作り台は何だったの??」と思ってしまう楽です!!

楽だけでなく作業時間が短くなり、その分違う事に時間をかけれる事がほんといいですよね〜!!

ワックス台を使うと凄く腰が楽で腰痛いらずです。これでワックスをしっかりしてスノーボードをより楽しみましょう〜。

スノーボード・ワックススタンド(台)の種類

スノーボード・ワックススタンド(台)の種類

ワックススタンド(台)の種類は基本的にこの2種類です。

おりたたみ式

一番オーソドックスのX構造のワックススタンドです。

組み立ても簡単で色んなメーカーから出ており、値段も安いものだと6000円ぐらいから売っておりリーズナブルで人気があります。私も使っていますが使いやすくお手軽でおすすめのワックススタンド(台)の種類です。

はじめはこのタイプからで問題ないと思っております。


折りたたみ式でX構造でないものもあり、こちらは少しX構造スタンドと比べると重量もあり安定性があります、

お値段も2〜3万円ぐらいの物が多いです。

バイス

次は作業台などに取り付ける種類の「バイス」です。お値段は2万円ぐらいの物が多く、ガレージあって作業台がおける方は購入を考えて頂いてもいいと思いますが

マンションでベランダなどではさすがにきついですね〜。

スノーボード・ワックススタンド(台)の選び方

スノーボード・ワックススタンド(台)の選び方

では今から
ワックススタンド(台)の選び方をご説明しますが間違った選び方をしてしまうと「こんなはずじゃなかったのに!!」となりますのでご注意くださいね〜!!

折りたたみ式?バイス?

まずは折りたたみ式か作業台にバイスをつけるかを決めてください。

一般的には折りたたみ式が多いと思いますが、バイスを買う場合基本的には作業台が必要でお家にガレージがありおけそうなら考え頂いてもいいと思います。

重さ

ワックス台選びでは重さは重要で私が購入しガリウムのX構造のワックススタンド(台)では5㎏でちょうどいい重さでしたが10㎏ぐらいの物もあります。

少し重たく持ち運ぶには大変ですが、安定感があリますのでご自分の用途に合わして選んでください。

安定感

安定感は重さや足場のグリップ力やワックススタンドの置くところの素材によって違いますので、購入する時は確認しておきましょう〜。

車につめれるか????

車に積み込む可能性があるなら全長の長さは確認していた方がいいです。いざ入れようとして入らないなんてならないようにしましょう〜。

アイロンホルダーはあるか??

ワックススタンド(台)にはアイロンをおけるアイロンホルダーが付属で付いてある物もありますので確認しましょう〜。

エッジのメンテナンスができるか??

ワックススタンド(台)によっては板を横に固定してエッジのメンテナンスができるホルダーあるので、これもあると非常に便利です。

スノーボード・ワックススタンド(台)のおすすめ5選!!

スノーボード・ワックススタンド(台)のおすすめ5選!!

それでは
スノーボード・ワックススタンド(台)を紹介しますので、ご自分にあった物を見つけて下さいね~!!

おすすめ①ガリウム ESWT-002

スノーボード・ワックススタンド(台)のおすすめ5選!!2

まず
おすすめのワックススタンド(台)がこちらの「ガリウム ESWT-002」です、こちらのスタンド(台)の特徴はまずコストパフォーマンスがいいです。

X構造の折りたたみ式でお値段6,000円ぐらいで売っているスタンド台は見たことがありません!!
スノーボード・ワックススタンド(台)のおすすめ5選!!3

お値段だけでなく機能性もよく重さも5㎏程で持ち運びにも向いているワックススタンド(台)です!!悩んだらまずこれを選べば間違いなく私も愛用していますがコスパ最高です!!

レビュー記事をご覧になりたい方はこちら。
人気ガリウムワックス・スタンド(台)のレビュー!!「使い方も教えます!!」

おすすめ②ハイブリッドワックススタンド

スノーボード・ワックススタンド(台)のおすすめ5選!!4

こちらの商品もX構造の折りたたみ式ですが先ほどの「ガリウム ESWT-002」より少しお値段は上がりますが

「X構造の折りたたみ式でしっかりしたものがいい!!」

方はこのハイブリッドワックススタンドを選べば間違いなし!!

・アイロンホルダ―付き
・高さ調整可能
・ボードを縦にさし込みメンテンナンスも可能

そして
付属のバンドを使えばコンパクトに収納できる所もおすすめの1つです!!なので快適にワックスをかけれるでしょう!!

created by Rinker
ハイブリッドワックススタンド(Hybrid Wax Stand)

おすすめ③HAYASHI WAX バイステーブル

スノーボード・ワックススタンド(台)のおすすめ5選!!5

こちらのワックススタンド(台)はバイスつきで、バイス間116㎝〜160㎝まで自由に伸縮出できるので短い板から長い板まで対応が可能なのがうれしい所。

重さもあり安定感抜群です。テーブルとバイスを使ってやりたい方にはコスパのいいアイテムです!!

おすすめ④SWIXワクシングテーブル&バイス

スノーボード・ワックススタンド(台)のおすすめ5選!!6

SWIXワクシングテーブルとバイスを使って作業するタイプですがテーブルとバイス別々なので固定感もあり作業はかなりしやすいです。

またバイスの置く位置をかえれるのでどの長さのスノーボード&スキー板でも作業できる所がほんとうれしいですね!!

スノーボード・ワックススタンド(台)のおすすめ5選!!7

「安定した作業台で本気でワックスしたい方」はこちらをおすすめします!!

お値段はXスタンド構造と比べると少しお高いですが、機能性の満足度は間違いなしでしょう!!

おすすめ⑤U字スタンド(台)

スノーボード・ワックススタンド(台)のおすすめ5選!!8

こちらのワックススタンド(台)はU字スタンドで一度組み立てるともうそのまま使えるので便利です。

ただ
高さ調整やアイロンホルダーがないので機能性としては少し物足りないかも知れませんがお値段もやすく「簡単にワックススタンド(台)を使いたい」方にはおすすめの商品です。

スノーボード・ワックススタンド(台)のおすすめ・まとめ

スノーボード・ワックススタンド(台)のおすすめ・まとめ

どうでしたでしょうか??ご自分に合うスノーボード・ワックススタンド(台)はありましたでしょうか??

ワックス台はほんとあったら便利なのでリーズナブルの物でいいのでぜひ使って作業効率をあげ脱・腰痛になりスノーボードに集中していきましょう~!!

それではまたまた~