スノボゴーグルで「曇らない・曇りにくい方法やおすすめの物」を教えます!!

最近スノボゴーグルが
凄く曇る事が多く
「何か曇もらないゴーグル対策」はないかな~?
「絶対に曇らないスノボゴーグルはないけど
曇りにくくする方法や曇りにくいおすすめのゴーグル」
ならあるので
詳しく教えるね~!!
こんな人に読んでもらいたい
  • 曇らない・曇りにくいおすすめのゴーグルを知りたい
  • 曇らない・曇りにくい方法を知りたい
  • そもそもなぜゴーグルがくもるか知りたい
本記事を書いている人はこんな人です。
こんな人です
  • 【スノボ歴10年以上】
  • 【元インストラクター】
  • 【北海道・長野に住み込み経験あり】

そもそもスノボゴーグルがなぜ曇るのか?

そもそもスノボゴーグルがなぜ曇るのか?

スノボゴーグルが曇る原因は
ゴーグルの内部とゴーグルの外部の温度差が
原因です。

例えば寒い日に車に乗って
暖房を付けた時
前のガラスが曇った経験はありませんか~?

あれは車の中が暖かく
外が寒いので温度差ができ
曇っています、

スノボゴーグルが曇る理由も同じです。

またスノボゴーグルだと中に雪が
入って溶け水滴になり
顔の表面で温まりやすくなるので
より曇りやすいです。

この内部と外部の温度差が
スノボゴーグルで曇る一番の原因です、
温度差を解消すれば
曇らないまではできませんが
曇りにくくする事は可能です。

スノボゴーグルで100%曇らないゴーグルはあるの?

スノボゴーグルで100%曇らないゴーグルはあるの?

まずスノボゴーグルで
「100%曇らないゴーグル」などありません、

なぜなら内部と外部の温度を常に同じに
する事ができないのですから、

もし可能ならゴーグルメーカーが
うたい文句で大々的に取りあげているでしょう~(笑)

スノボゴーグル曇りやすい日ってあるの?

スノボゴーグル曇りやすい日ってあるの?
スノボゴーグルが曇りやすい日は
「雪が降っている日」です、

理由は雪がゴーグル内に入りやすく
ゴーグル上部に積もるため。

雪が降っている時に
頻繁に付け外したりこけたりすると
やはり曇りやすくなるのは必然です。

また雪が降っている時は
ゴーグルの上の部分に雪が積もり
その部分にスポンジがあるので
換気が悪くなり

ゴーグル内部の温度が上がりやすく
外部との温度差が出やすいので
曇りやすいです。

特に北海道の方は雪が降りやすく曇りやすいです、
私は大阪出身なので本州で滑っており
その場所では雪があまり降ってないので
曇りにくかったですが

北海道で滑った時は違いました、
雪が降るので曇る確率も上がりましたね、

「北海道はゴーグルが曇りやすいので要注意です!!」

スノボゴーグルで曇らない・曇りにくいおすすめの方法

スノボゴーグルで曇らない・曇りにくいおすすめの方法
まず曇らない・曇りにくい一番の対策として
「スノボゴーグルの中に雪(水滴)を入れない事です」

雪が入る事によってスノボゴーグルの
内部と外部の温度差が
でてしまいます、

何度も言いますが
まずは雪をゴーグル内部に入れない事で
これが一番大事です。

おでこの上にゴーグルをおかない

おでこの上は温度が暖かいので
ゴーグルを外しおでこの上におく方がいますが
NGです!!

特にゴンドラは密封された空間で
おでこに置くとゴーグル内部がどんどん温まります、

そしてゴンドラを下りると時に
スノボゴーグルを付けると
ゴーグルの中は暖かく外は外気に触れ冷やされます、

この温度差が曇る原因です。

「ゴンドラではおでこにゴーグルはのせない!!」

これだけは覚えときましょう~。

ゴーグルに付いている雪をはらう

ゴーグルを付けていると
転倒したりしてゴーグルに雪が
付いてしまう事があります、

ゴーグルに雪が着くと
水滴になったり
換気が悪くなり

曇りやすくなるので

ゴーグルに付いた雪はこまめに
はらいましょう~。

ちゃんと乾かす

滑り終わった後
すぐーグルケースに入れて
次滑るまで入れっぱなしの人がいますが

レンズがしっかり乾いてない状態で
ゴーグルケースの中に入れているので
湿気が多い状態での保管になっています。

また次滑る時まで
この状態でおいておく方がいますが
それではやはり曇ってしまいます。

おうちに帰ったらまず
ゴーグルケースからゴーグルをだして乾燥させましょう、
できればゴーグルからレンズを外した方が
より乾きやすくなります。

「レンズを取るのがめんどくさい」

と言う方は乾燥剤をゴーグルの中に入れましょう、
それだけでも効果絶大でおすすめです。

曇らない・曇りにくくするには
やはり人手間が必要でしょう~。

ワンタッチ式の物を使う

レンズがワンタッチで
取れるゴーグルは
曇った時の対処法として
おすすめのスノボゴーグルです。

例えばスノボゴーグルが曇った場合
ゴンドラやリフトで
レンズをすぐ取り外して

レンズの内側を冷やすことができ
ゴーグル内部と外部の温度差を
おさえる事ができます、

これだけでも曇りにくく
おすすめの方法です。

スノボで「曇らない・曇りにくいおすすめのゴーグル」

スノボで「曇らない・曇りにくいおすすめのゴーグル」
曇らないは言い過ぎかも知れませんが
曇りにくい曇った後の対処法があるおすすめの
ゴーグルを紹介します。

おすすめ①スミス・i/o mag

スノボで「曇らない・曇りにくいおすすめのゴーグル」2
スノボで「曇らない・曇りにくいおすすめのゴーグル」3
スミスは曇りにくいゴーグルとして
有名ですがその理由の一つとして

全モデルにレンズを曇りにくくする
「フォグレンズ」
を搭載しています。

これは他のメーカーなどは
レンズの表面曇り止め素材をコーティングしていますが

スミスはレンズの表面に「水分吸収に優れた素材を使い」
かつ「マクロの溝を切り刻んでいる」ため
より吸収がしやすく曇りにくいゴーグルを可能にしています。

このテクノロジーが曇りにくいスミス・ゴーグルと言われている理由です。

ですがスミス ゴーグルi/o magは
これだけでは終わりません、

レンズが通常のレンズより5倍曇りにくい
「5x anti-fog」を搭載しており
この機能は下位ゴーグルにはありません。

「5倍ってほんとすごいですね、、、。」

そして
スミス ゴーグルi/o magは
曇った時の対処法もあります、

それはレンズ交換が凄く簡単な
「クイックリリース・レンズチェンジシステム」
かつマグネットタイプです

まずはこの動画を見て下さい、

これならレンズが曇った時
リフトやゴーグルからレンズを外し
冷やすことも可能です。

言い過ぎかもしれませんが
スミス ゴーグルi/o magは
「曇らない・曇りにくいために作られたスノボゴーグル」
でしょう~。

ただお値段が35,000円前後と少し高いですが
このスペックでスペアレンズ付きなら
仕方ないでしょう~。

オークリー・ラインマイナー 19-20「スぺック評価・レビュー・口コミ!!」

おすすめ②オークリ― エアブレイク

スノボで「曇らない・曇りにくいおすすめのゴーグル」4
オークリ―でおすすめの
ゴーグルがエアブレイクです

エアブレイクは
レンズの付け替えが簡単な「スウィッチロック」を
搭載しているのでマグネット式ではないですが
やはり曇った時に取り外しが簡単にでき
対処しやすいです。

またオークリー・エアブレイクは
ハイコントラストのプリズムを
搭載しているので
凹凸もはっきり見え滑りやすく

ゴーグルのフレームが細いので
視野を広いです。

基本スペックも高く
曇りにくい&高性能のゴーグルと
言えるでしょう~。

おすすめ③スミス・スカッド

スノボで「曇らない・曇りにくいおすすめのゴーグル」5
スノボで「曇らない・曇りにくいおすすめのゴーグル」5
スミスのスカッドは
「曇らないゴーグルがいい
でも値段もおさえたい」

方におすすめのゴーグルです。

平面レンズでスペアレンズ付きで
お値段を17.500円と
おさえつつ

フォグレンズを搭載しているので
曇りにくいです。
スノボで「曇らない・曇りにくいおすすめのゴーグル」6

ただi/o magのように
通常のレンズより5倍曇りにくい
「5x anti-fog」を搭載していません、

またレンズ交換が凄く簡単な
「クイックリリース・レンズチェンジシステム」
かつマグネットタイプ
ではありません、

ですがこの値段でこの
スペックなので

コストパフォーマンスがいい曇りにくい
ゴーグルを選ぶなら「スミス・スカッド」が
おすすめです。

スミス ゴーグル・スカッド(Smith・Squad) 19-20「スぺック評価・レビュー・口コミ!!」

スノボゴーグル曇らない方法・おすすめ「まとめ」

どうでしたでしょうか~?

スノボゴーグルで
「曇らない・曇りにくい方法」や
「おすすめのゴーグル」
などはわかりましたでしょうか~?

まずは
ゴーグルの内部と外部の温度差を
おさえる方法を把握し

次に
曇らない・曇りにくいゴーグルを
選べば「鬼に金棒でしょう~」

曇らないゴーグルで
快適なスノーボードライフを
満喫してくださいね~。