スノーボード板【サロモン(Salamon)でおすすめの4選はこれだ!!】

最近サロモンの板がほしいんだ。
そこで「おすすめのサロモン(Salamon)板」がほしんだけど
どれがいいんだろう?
OK、
では
おすすめのサロモン板を紹介するね!!

サロモンの板といっても色々な板があり困った事はありませんか?

でも大丈夫です、
今回はおすすめのサロモン板を
ピックアップして比較し
1つ1つの特徴をまとめておりますので
もう困ることはありません!!

記事を書いた人はこんな人です!!

・【スノボ歴10年以上】
・【元インストラクター】
・【北海道・長野に住み込み経験あり】

【スノーボード・サロモン(Salamon)板とは?】

【スノーボード・サロモン(Salamon)板とは?】

スノーボードでサロモンという言葉を一度は
聞いたことはありませんか?

サロモンは板だけでなくブーツもビンディングも
作っている歴史あるブランドです。

もともとサロモンは1947年にフランス・アルプスにて
スキーエッジの製造からスタートし
スノーボードを制作したのは1997年です。

技術力はスキーで培っており本物で
このテクノロジーを駆使してスノーボードの板を
作っているのでそんな板を一度は乗ってみたいですね!!

【スノーボード・おすすめのサロモン板】の前に知っておく事

おすすめのサロモン(Salamon)板の前に知っておく事

おすすめのサロモン(Salamon)板を知る前に

「板の選び方」

を知っておかないといけません。ここをおろそかにすると

「自分に似合わなかった」

「板を操れなかった」

と失敗してしまうので注意が必要です。

スノーボード板を選ぶときに
大事な3つの要素があります。
この3つの要素をおさえて板選びをしましょう。

板選びで必要な3つの要素
  • 「形状」
  • 「長さ」
  • 「硬さ」

【形状】

【キャンバーボード】
おすすめのサロモン(Salamon)板の前に知っておく事2
最もベーシックな「スノーボード板」の形状で操作性よりも安定性を重視した形状です。

キャンバーの特徴
  • 板の中心が浮いているため板を踏めば反発しやすくオーリーがしやすい。
  • 高速のスピードでも安定しやすくエッジが食い込みやすくカービングがしやすい。
  • エッジが立ちやすいため初心者は逆エッジになりやすい。
    グランドトリックをする際は注意が必要。

【ロッカーボード】
おすすめのサロモン(Salamon)板の前に知っておく事3

ロッカーボードの特徴
  • 操作性を重視した形状です。
  • ノーズとテールが浮く形状なのでプレスなどがしやすい。
  • エッジが立ちにくいので逆エッジになりにくいためグラトリやスピンがスムーズ。
  • エッジが立ちにくいので面では滑りやすいがカービングは不向き。
  • 操作性重視の面で滑れるので初心者向き。

【フラットボード】
おすすめのサロモン(Salamon)板の前に知っておく事4

  • キャンバーとロッカーの中間の特徴をもち安定性&操作性がある。
  • 何をしてもある程度はできる。
  • 無難すぎて特徴がない

基本的にこの3つが定番の形状ですがハイブリット(形状の融合)の板もあります。


【ハイブリッドの板とは?】

ハイブリットの板とは
「キャンバー、ロッカー、フラット」の形状を組みあわせている物が
ハイブリットの板です。


【ハイブリットキャンバー】
【ハイブリットキャンバー】1

・キャンバーを残しているので板の反発を使える。

・サイドがロッカーなので接地面が多く逆エッジになりにくい。

板の前後が浮きやすいためパウダーやプレスがしやすい。


【ハイブリットロッカー(ダブルキャンバー)】

【ハイブリットキャンバー】2

サイドにキャンバーが板の反発をつかいやすくエッジグリップ力も強い。

真ん中がロッカーのため板が回しやすい。

【長さ】

・長い方が高速時、安定しますが操作性は下がります。

・板を回しやすくクイックな動きはできますが高速時安定性は下がります。

【硬さ】

・硬い方が高速時、安定しますが操作性は下がります。

・柔らかい方が操作性は上がりますが高速時の安定性は下がります。
重い方が安定はしますがクイックな動きはできません。

以上が大事な3つの板の要素で特徴を把握しときましょう。


「シェイプの種類」も覚えておこう!!
「シェイプの種類」も覚えておこう!!①

「シェイプの種類」も覚えておこう!!②

「シェイプの種類」も覚えておこう!!③

「ツイン」は重心が真ん中にあるので板をまわしやすくスイッチなどがやりやすいです。
高速時は板がバタつきやすいです。

「ディレクショナル・ディレクショナルツイン」は重心が後ろのため
高速時でも安定感あります。

スイッチはツインと比べると滑りにくいです。

【スノーボード・サロモン板 おすすめ】まずはざっくり把握!!

まずはおすすめのサロモン板をざっくり把握しましょう。

おすすめのサロモン板・比較!!
【アサシン】 【ハックナイフ】 【クラフト】 【ビレイン】
形状 ロックアウトキャンバー クワッドキャンバー ロックアウトキャンバー ロックアウトキャンバー
シェイプ ディレクナル
ツイン
ツインチップ ツインチップ ツインチップ
フレックス 普通
10段階の5
普通
10段階の5
やわかめ
10段階の3
少し柔らかめ
10段階の4
おすすめのサロモン板・適正スタイル
【アサシン】 【ハックナイフ】 【クラフト】 【ビレイン】
フリーラン
カービング
キッカー
グラトリ
ハーフパイプ
各サロモン板の特徴
  • 【サロモン・アサシン】→初心者・中級者向けのオールラウンドの板
  • 【サロモン・ハックナイフ】オールラウンド板で質の高いライディングがしたい方
  • 【サロモン・クラフト】→ソフトフレックスでグラトリ・ジブ・パークに力を入れたい方
  • 【サロモン・ビレイン】→グラトリで高回転系もできるツインチップの板

【スノーボード・サロモン板 おすすめ】

【スノーボード・サロモン板 おすすめ】

おすすめのサロモン板を紹介していきたいのですが
その前に1つ大事な事があり

「自分のスタイルにあった板を選ぶこと」

サロモンの板は色んなスタイルに合わして作っているので
どのサロモン板が自分にあうか把握し選ぶことが大事です。

ではおすすめのサロモン板を紹介していきます。

評価の見方
  • ・・・最高にあっている
  • ・・・かなりあっている
  • ・・・あっている
  • △・・・悪くはない
  • ー・・・あまりあっていない

おすすめ板①サロモン・アサシン

【スノーボード・サロモン板 おすすめ】1

【スノーボード・サロモン板 おすすめ】2

サロモン・アサシン
形状 ロックアウトキャンバー
シェイプ ディレクショナルツイン
フレックス 10段階の5

 

スタイルの適正
フリーラン
カービング
ワンメイク
グラトリ
ハーフパイプ

【スノーボード・サロモン板 おすすめ】3

サロモン・アサシンに向いている人
  • 1本で何でもできる板がほしい
  • フリーランをがっつりやりたい
  • 操作性と安定性のある板がほしい
  • 初心者・中級者の方
サロモン・アサシンはオールランドの板で
特にフリーランをやる方におすすめで
操作性と安定性を兼ねたおすすめの板です!!

フレックスはミディアムフレックスで扱いやすく
形状はロックアウトキャンバーで
キャンバーの中ではマイルドなので
操作性と安定性を兼ねており

また両サイドにフラットの部分があるため
逆エッジになりにくく

「フリーランをがっつりしたい
初心者・中級者の方におすすめの板です」

私が乗った感じほんとスピードを出しても全然
安定感があり頼れる板です、
一度パートナーにしてもいいのではないでしょうか!!

19/20モデル・サロモン・アサシン【評価・レビュー・口コミ!!】

おすすめ板②サロモン・ハックナイフ

【スノーボード・サロモン板 おすすめ】4 【スノーボード・サロモン板 おすすめ】5

サロモン・ハックナイフ
形状 クワッドキャンバー
シェイプ ツイン
フレックス 10段階の5

 

スタイルの適正
フリーラン
カービング
ワンメイク
グラトリ
ハーフパイプ

【スノーボード・サロモン板 おすすめ】6

サロモン・ハックナイフに向いている人
  • 質の高いオールラウンドの板がほしい
  • トリックもしっかりやりたい
  • 板の反発をしっかり使いたい方
サロモン・ハックナイフは
オールラウンド板で質の高いライディングを
したい方におすすめです。

形状がクワッドキャンバーでレスポンスが良く
ロックアウトキャンバーと比べると
板がしなりやすいので
板の反発力を使えます!!

そのためカービングでは質の高いキレのあるカービングや
キッカーではオーリーで高さを出しやすいので
高いエアーが可能です!!

このサロモン・ハックナイフが
ワンランクもツーランクも上の滑りに
連れてってくれるでしょう!!

19/20モデル・サロモン・ハックナイフ【評価・レビュー・口コミ!!】

おすすめ板③サロモン・クラフト

【スノーボード・サロモン板 おすすめ】7 【スノーボード・サロモン板 おすすめ】8

サロモン・クラフト
形状 ロックアウトキャンバー
シェイプ ツイン
フレックス 10段階の3

 

スタイルの適正
フリーラン
カービング
ワンメイク
グラトリ
ハーフパイプ
サロモン・クラフトに向いている人
  • 柔らかい板がほしい方
  • ある程度自由がきく板がほしい方
  • グラトリ・ジブ・パークをやりたい方
サロモン・クラフトはソフトフレックスで
グラトリ・ジブ・パークがしやすい板です。

【スノーボード・サロモン板 おすすめ】9
ロックアウトキャンバーなので
外側にフラットの部分があるので

操作性と安定性もあります、

また柔らかいのでプレス系もやりやすく
ルーズな板なのでグラトリ初心者の方におすすめです!!

おすすめ板④サロモン・ビレイン

【スノーボード・サロモン板 おすすめ】10 【スノーボード・サロモン板 おすすめ】11

サロモン・ビレイン
形状 ロックアウトキャンバー
シェイプ ツイン
フレックス 10段階の4

 

スタイルの適正
フリーラン
カービング
ワンメイク
グラトリ
ハーフパイプ
サロモン・ビレインに向いている人
  • オールランドの板がほしい方
  • 扱いやすい硬さを求める方
  • 操作性・安定性がほしい方
サロモン・ビレインは扱いやすいフレックスで
万能なボードです!!

また
パークやグラトリもしやすく
反発力もある板なので高回転系トリックを
可能にしてくれるボードで

【スノーボード・サロモン板 おすすめ】12
形状はロックアウトキャンバーなので
操作性・安定性のバランスのとれたボードです。

【スノーボード・サロモン板選びでの注意点】

【スノーボード・サロモン板選びでの注意点】

高いからといって決していいわけではない

初心者の方によくあるのが
高いから言っていい板とは限りません、

例えばフレックスが硬い板はお値段が高い
傾向にありますが
自分に合うかは別問題です。

一番大事なのは自分に合う板を探すことです。

私も昔とりあえず高いものを買っておけば
間違いないと思い購入したことがありますが

全然自分に合わなくて痛い思いをした事を
今でも覚えています。

【スノーボード・サロモン板 おすすめ】まとめ

【サロモン(Salamon)板・おすすめ】まとめ

「どうでした?おすすめのサロモン板はみつかりましたか?」

おすすめのサロモン板をまとめるとこうです。

STEP.1
板の選びで必要な3つを覚える
板選びで必要な3つの要素
  • 「形状」
  • 「長さ」
  • 「硬さ」
STEP.2
各サロモン板の特徴を把握2
各サロモン板の特徴
  • 【サロモン・アサシン】→初心者・中級者向けのオールラウンドの板
  • 【サロモン・ハックナイフ】オールラウンド板で質の高いライディングがしたい方
  • 【サロモン・クラフト】→ソフトフレックスでグラトリ・ジブ・パークに力を入れたい方
  • 【サロモン・ビレイン】→グラトリで高回転系もできるツインチップの板
STEP.3
レビュー記事があるものは
読んでさらに理解しましょう。
以上がおすすめのサロモン板を見つける流れです。

ほんと自分にあう板を見つけただけで滑りも
画期的に変わります!!

「ぜひ自分に合う板を見つけ上手くなってくださいね~
ではまたまた~」