バートン (Burton)の板で初心者が選ぶべき4選はこれだ!!

ゆう先生
「バートン板で初心者におすすめの物ってどういったもの物があるの?」
世界のバートンで最速で初心者を卒業したいんだ!!
OK!!
今回は初心者向けのおすすめのバートンの板を4つ紹介するね!!
こんな人に読んでもらいたい
  • 初心者向けのバートンの板を探している
  • 初心者向けの板の選び方を知りたい
  • 初心者を卒業したい
記事を書いた人はこんな人です!!
・【スノボ歴10年以上】
・【元インストラクター】
・【北海道・長野に住み込み経験あり】

【スノーボード・バートン(Burton)とは?】

バートン(Burton)板とは?

スノーボードのブランドと言えば「バートン」

と言っても過言ではない超有名ブランドです。

1977年から設立し歴史ある板で

その研究され続けた技術力は本物です。

その中には初心者が扱いやすい板もあるので
ぜひ最高のテクノロジーを駆使した板を使って

脱初心者を目指しましょう!!

【バートンでおすすめの初心者板を知る前に】

【バートンでおすすめの初心者板を知る前に】

バートンで初心者向けおすすめ板を知る前に

【初心者向けの板の選び方】を知らなけばいけません!!

まず

初心者の方はターンを第一目標にします。
つまり

「ターンがしやすい要素が入った板選び」

をしなければいけません。

ここをわからず板を選んでいる初心者の方が多く

それではなかなか上達できません。
まずは

「初心者板=ターンをしやすい板」

を選びましょう。

ただここで気を付ける事が
ターンだけしやすい超初心者用の板の要素の


「柔らかく短く形状はロッカー」

の板はおすすめしません。

この場合少し滑れるようになると色んな事をしたくなりますが
超初心者の板なのですごくやりにくいのです。

長期使用と考えると超初心者の板ではなく初心者用のオールランドの板をおすすめします。

まとめると初心者におすすめするオールラウンドの板の要素こちらです。

  • 形状・・・ハイブリッドキャンバー
  • 長さ・・・短め
  • 硬さ・・・柔らかい
  • 重さ・・・軽い

おすすめの形状

スノーボード【初心者板の選び方】2
初心者の方におすすめの形状は
ハイブリット板のハイブリットキャンバーという形状です!!

それを踏まえてハイブリット板の説明を聞いてください!!

まずハイブリッド板とは板の形状の
「キャンバー」・「ロッカー」・「フラット」
のどれかと組み合わせて作られた板です。

その中の一つでハイブリットキャンバーがあります。

この板のメリットは

真ん中にキャンバーがあるので板を踏める事です。

カービングなどでは板を踏んでしならせキレのあるカービングが求められます。
そのためにキャンバーは必要なのです。

しかしキャンバーだけだと板の接地面が少なく逆エッジになり易いです。

そこでサイドにロッカー形状をいれ接地面を多くし逆エッジになりにくくしたのです。
これにより初心者の方に人気のある板になったのです。

ハイブリットキャンバーは特におすすめですが

早く上手くなる自信がある方はキャンバーを選んでも問題はないでしょう。
ひと昔前はキャンバーしかありませんでしたし。

おすすめの長さ

初心者の方におすすめの板の長さは短めの板です、
理由は板の操作がしやすいからです。

初心者の方に求められるのは板をどれだけあつかえるかの「操作性」です。

長めの板にすると高速時板の安定性は得られますがまず初心者の方はスピ―ドをだしません。

おすすめの硬さ

スノーボード初心者におすすめの硬さは
硬さは

「柔らかめ」

です、これも操作性が上がるからです。

硬いと高速時板の安定性は得られますが初心者にはいりません。

おすすめの重さ

スノーボード初心者には軽めをおすすめします。
重いと安定しますが
初心者の方には必要ありません。

軽い板の方が「操作もしやすく疲れにくいのです。」

以上初心者の方に求められる要素なのですが共通していることは

「操作性」です。

操作性があるからターンがしやすい板のです!!

「操作性を制する板はターンを制する」

ですね。

【バートン 初心者板・おすすめ】

【バートン 初心者板・おすすめ】

バートン 初心者用の板を紹介する前に大事なことが
1つあります。それは

「自分のスタイルにあった板を選ぶこと」

初心者向けのバートン板でも

【グラトリ重視】・【フリーラン重視】

など色んな板があるので
まずは自分の方向性を決めましょう!!

ここを間違うと自分のスタイルと板の特徴がマッチせず
本来持っている板の性能を発揮できませんので
気を付けましょう。

では「初心者向けバートン板のおすすめ」を紹介していきます。

評価の見方
  • ・・・最高にあっている
  • ・・・かなりあっている
  • ・・・あっている
  • △・・・悪くはない
  • ー・・・あまりあっていない

おすすめ板①ネームドロッパー

【バートン 初心者板・おすすめ】1
【バートン 初心者板・おすすめ】2

 

バートン・ネームドロッパー
形状 ピュアポップキャンバー
シェイプ ツインチップ
フレックス 10段階の3

 

スタイルの適正
フリーラン
カービング
ワンメイク
グラトリ
ハーフパイプ
バートン・ネームドロッパーに向いている人
  • 操作性しやすい板がいい
  • 柔らかい板がほしい
  • 逆エッジをしたくない
バートン・ネームドロッパーはソフトフレックスの板で
扱いやすく初心者の方におすすめです。

ソフトフレックスなのでスピードを出した時は
バタつくことがありますが
初心者の方はスピードを出さないので
そんな心配は要らないと思います。

初心者向けおすすめの形状を説明

また形状がピュアポップキャンバーなので
外側部分にフラット部分があるので

逆エッジになりにくく
操作性がありターンがしやすく
まさに初心者の方におすすめの形状です。

ある程度滑れるようになると
ソフトフレックスの板なのでグラトリ・ジブ・パークが
やりやすいので

脱初心者になったら
グラトリ・ジブ・パークを思いっきり楽しんで
下さい!!

おすすめ板②バートン・ディセンダント

【バートン 初心者板・おすすめ】3

バ―トン・ディセンダント
形状 ピュアポップキャンバー
シェイプ ツインチップ
フレックス 10段階の4

 

スタイルの適正
フリーラン
カービング
ワンメイク
グラトリ
ハーフパイプ
バートン・ディセンダントに向いている人
  • ネーム・ドロッパーでは柔らかすぎる方
  • 後々グラトリに力を入れたいと思っている初心者の方
  • 板に操作性がほしい方
バートン・ディセンダントは
ソフトフレックスとミディアムフレックスの
中間ぐらいの硬さで(10段階の4)で初心者の方でも
扱いやすい板です。

これぐらいの硬さなら
フリーランでも安定しており
初心者の方でも楽しめるでしょう。

またこちらも
ピュアポップキャンバーなので
逆エッジになりにくく
操作性がありターンがしやすい板です!!

脱初心者になったら
パークやグラトリがやりやすく

ネーム・ドロッパーよりも硬いので
オーリーで高さも出しやすいです。

おすすめ板③バートン・プロセス

【バートン 初心者板・おすすめ】5

【バートン 初心者板・おすすめ】6

バートン・プロセス
形状 ピュアポップキャンバー
シェイプ ツイン
フレックス 10段階の4

 

スタイルの適正
フリーラン
カービング
ワンメイク
グラトリ
ハーフパイプ
バートン・プロセスに向いている人
  • オールランドの板がほしい初心者の方
  • フリーラン中心で滑りたい方
  • 操作性と安定性がほしい方

バートン・プロセスは
オールラウンドのミディアムフレックスのボードで
初心者の方でも扱いやすい板です。

 

「FSC™認証スーパーフライⅡ™ 700gコア」
を搭載しているので軽いので
操作しやすくより初心者の方にはうれしいです。

こちらも形状がピュアポップキャンバーで
マイルドなキャンバーなので

逆エッジにもしにくく
かつ操作性と安定性の両方を兼ねそろえている板なので
初心者の方におすすめです。

脱初心者になりターンを卒業しても

全然オールラウンドで扱え
乗り味はキレキレのターンというより
マイルドなターンができる扱いやすい板です!!

19/20モデル・バートン・プロセス【評価・レビュー・口コミ!!】

おすすめ板④バートン・カスタム

バートン(Burton)板の種類1-1 バートン(Burton)板の種類1-2

バートン・カスタム
形状 キャンバー
シェイプ ディレクショナルツイン
フレックス 10段階の5

 

スタイルの適正
フリーラン
カービング
ワンメイク
グラトリ
ハーフパイプ
バートン・カスタムが向いている初心者の方
  • オールラウンドの板がほしい方
  • のちのちフリーランやキッカーになどに力を入れたい方
  • 今後がっつり滑ろうと思っている方
バートン・カスタムは
バートンの中でも歴史ある板で
「完成度の高いオールラウンドの板です!!」

ミディアムフレックスですが初心者の方には
少し硬く感じるかもしれません!!

ただ今後スノーボードをがっつりやる事を見据えて
板を選ぶならバートン・カスタムで間違いなしでしょう。

形状はキャンバーなのでピュアポップキャンバーと違い
レスポンスが良くなり
板もしなりやすいですしエッジグリップ力もあるので
多少乗りての技術が必要になってきます。


またシェイプもツインチップではなく
ディレクショナルなので重心が後ろにあるので
スピードを出してもバタつきにくく安定感があります。

今後スノーボードをたくさんする方は
フリーランやカービングなどでハイスピードを出しても
バタつかいない「バートン・カスタムがおすすめです!!」

オリンピック金・銀メダリストの

「ショーンホワイト選手・平野歩夢 選手」も
愛用するバートン・カスタムで

脱初心者を目指しましょう。

19/20モデル・バートン・カスタム【評価・レビュー・口コミ!!】

【バートン(Burton) 初心者板・おすすめ】まとめ

【バートン(Burton)初心者板・おすすめ】まとめ

「どうでしたでしょうか?
おすすめの初心者向けバートン はみつかりましたか?」

おすすめの初心者向けバートン板をまとめるとこうです。

STEP.1
初心者板に必要な要素を覚える
  • 形状・・・ハイブリッドキャンバー
  • 長さ・・・短め
  • 硬さ・・・柔らかい
  • 重さ・・・軽い
STEP.2
各バートン 初心者板の特徴を把握2
各バートンの初心者板の特徴
  • 【バートン・ネームドロッパー】→ソフトフレックスで操作がしやすい
    後々グラトリ・ジブ・パークがやりやすい板
  • 【バートン・ディセンダント】→フリーランもしっかりできる板
  • 【バートン・プロセス】→操作性と安定性のバランスのいいマイルドなオールラウンドの板
  • 【バートン・カスタムツイン】→ハイスペックなオールラウンドの板で後々
    フリーラン・キッカー・カービングなど何でもできる板

後は自分に合うバートン 初心者板を選ぶだけです。

ほんと自分にあう板を見つけただけで
板の扱いやすさが変わるので
早く自分に合うものを見つけて下さいね~。

ではまたまた~」。