スノーボード「バートン グラトリ用の板で」おすすめ4選はこれだ!!

ゆう先生
バートンの板でグラトリ用板ってどういったもの物があるの?
世界のバートンでグラトリをしたいんだ!!
OK!!
今回はバートンの板でグラトリ用の板を4つ紹介するね!!
こんな人に読んでもらいたい
  • バートンの板でグラトリ板を探している
  • グラトリ板の選び方を知りたい
  • グラトリ板が大好き
記事を書いた人はこんな人です!!
・【スノボ歴10年以上】
・【元インストラクター】
・【北海道・長野に住み込み経験あり】

【バートン(Burton)板とは?】

バートン(Burton)板とは?

スノーボードと言えば

「バートン」

と言っても過言ではない超有名ブランドです。

1977年から設立し歴史ある板で

その研究され続けた技術力は本物です。

その中にはグラトリ用の板もあり
最先端のテクノロジーを駆使したグラトリ板に
一度は乗ってみたいですね。

【おすすめのバートン グラトリ板を知る前に】

オガサカでおすすめのグラトリ板を知る前に

バートンのおすすめのグラトリを知る前に
知っておかないといけない事がありそれは

「グラトリに必要な要素の把握」

「グラトリのスタイルを決める」

この2つで
グラトリをやる上で知っておいた方が
上達度合いも早いです。

グラトリに必要な要素とは?

まずグラトリ板に向いている要素はこちらです。

グラトリに必要な要素
  • 【長さ】・・・短め
  • 【硬さ】・・・自分のレベルとスタイルで決める
  • 【シェイプ】・・・ツインチップ
  • 【重さ】・・・軽め

【長さ・・・短め】
グラトリ板では長さは短めをおすすめします。

グラトリではスピンをしたりするので
断然短い板の方が軽く回しやすいです。

【硬さ・・・レベルとスタイルによる】

板の硬さ選びは「自分のレベルとグラトリのスタイル」によって
決まります。

例えば

初心者はソフトフレックスをおすすめします、

ノーリーやオーリーをする時
板をしならしますが
初心者は板が硬いとしならすことが難しく

ソフトフレックスの方が扱いやすいです。

逆に中級者・上級者は
ミドルフレックスでも板の扱い方を
わかっているので大丈夫です。

グラトリの種類は
大きく分けて2つあります。

グラトリの種類
  • プレス・バター系・・・ソフトフレックスの板でしならす(反発弱め)
  • 高回転の弾き系・・・ミドルフレックスの板で反発を使う(反発強め)

初心者の方が弾き系で高さをだしたい場合
板の反発が強いミドルフレックス以上を使った方がいいですが

扱えるテクニックはありません。
そのため初心者の方はソフトフレックスからはじめましょう。

【シェイプ・・・ツインチップ】
グラトリでおすすめのシェイプはツインチップです。
逆にツインチップしか見たことがないです(笑)

ツインチップとは板が左右対称に作られており
重心が真ん中にくるので板を回しやすいです。

コマの原理と同じで
グラトリではスピンをするので
ツインチップがいいです。

またスイッチでも滑ることがあるので
左右対称の方が断然滑りやすいです。

【重さ・・・軽め】

軽い物をおすすめします。

グラトリでは板を回すことやクイックな動きをするので
軽いと取り回しが良く扱いやすいです!!

自分のスタイルを決めよう!!

グラトリをやるなら

・プレスなどのバター系(ソフトフレックス)

・回転重視の弾き系(ミドルフレックス)

この2つのやる割合を決めましょう。
それによって板の硬さ選びが変わりますので

初心者の方は板をしならす
テクニックがないので柔らかめの板の方がいいです、
上手くなったらミドルフレックスで
ガンガン回してくださいね。

【バートン グラトリ用の板・おすすめ】

【バートン グラトリ用の板・おすすめ】

バートン グラトリ用の板を紹介する前に大事なことが
1つあります。それは

「自分のスタイルにあった板を選ぶこと」

バートン グラトリ用の板は

柔らかめのプレス系の板から
少し硬めの高回転系の板など

色んなタイプの板があるので自分の
グラトリスタイルに合わして選んでください。

ここを間違うと自分のスタイルと板の特徴がマッチせず
本来持っている板の性能を発揮できませんので
気を付けましょう。

ではバートン グラトリ板のおすすめを紹介していきます。

評価の見方
  • ・・・最高にあっている
  • ・・・かなりあっている
  • ・・・あっている
  • △・・・悪くはない
  • ー・・・あまりあっていない

おすすめ板①ネームドロッパー

【バートン グラトリ用の板・おすすめ】1
【バートン グラトリ用の板・おすすめ】2

 

バートン・ネームドロッパー
形状 ピュアポップキャンバー
シェイプ ツインチップ
フレックス 10段階の3

 

スタイルの適正
フリーラン
カービング
ワンメイク
グラトリ
ハーフパイプ
バートン・ネームドロッパーに向いている人
  • グラトリ・ジブに力を入れたい!!
  • 柔らかい板がほしい
  • 板に遊びがほしい方
バートン・ネームドロッパーはソフトフレックスの板で

グラトリ・ジブ・パークに特化した板です。

スペックは

板の中心が柔らかく外側が硬い

「Off-Axis Squeezebox Low」のコアを
搭載しているのでボードコントロールがしやすく
グラトリに向いています。

プレス系もしやすく
グラトリしたいならネームドロッパーで
間違いないでしょう。

おすすめ板②バートン・ディセンダント

【バートン グラトリ用の板・おすすめ】3

バ―トン・ディセンダント
形状 ピュアポップキャンバー
シェイプ ツインチップ
フレックス 10段階の4

 

スタイルの適正
フリーラン
カービング
ワンメイク
グラトリ
ハーフパイプ
バートン・ディセンダントに向いている人
  • グラトリの中では硬い板がいい方
  • 高回転系のトリックをする方
  • フリーランもしたい方

バートン・ディセンダントは
ソフトフレックスとミディアムフレックスの
中間ぐらいの硬さで(10段階の4)でグラトリでは少し硬めの
板です。

そのため板の反発を使って高回転系を
したい方におすすめです。

ネームドロッパーとスペックは似ていますが

「ネームドロッパーは柔らかすぎると
思う方にちょうどいいグラトリ板です」

何でもできる板ですがこのディセンダントで
グラトリをマスターしてほしいですね!!

おすすめ板③バートン・プロセス

【バートン グラトリ用の板・おすすめ】5

【バートン グラトリ用の板・おすすめ】6

バートン・プロセス
形状 ピュアポップキャンバー
シェイプ ツイン
フレックス 10段階の4

 

スタイルの適正
フリーラン
カービング
ワンメイク
グラトリ
ハーフパイプ
バートン・プロセスに向いている人
  • 操作性と安定性を持つオールランドの板がほしい方
  • フリーラン中心でグラトリもしたい方
  • 初心者・中級者の方

バートン・プロセスは
オールラウンドのミディアムフレックスのボードで
フリーランがメインでグラトリもしたい方に
おすすめの板です。

「FSC™認証スーパーフライⅡ™ 700gコア」
を搭載しているので軽いけど反発力のある板です。

特徴は形状がピュアポップキャンバーで
板の両サイドにフラットの部分があるため
マイルドキャンバーになっておりいます。

操作性と安定性の両方を兼ねそろえているので
とっても扱いやすく
初心者・中級者の方につかってほしい板です。

19/20モデル・バートン・プロセス【評価・レビュー・口コミ!!】

おすすめ板④バートン・カスタムツイン

【バートン グラトリ用の板・おすすめ】9

【バートン グラトリ用の板・おすすめ】10

バートン・カスタムツイン
形状 キャンバー
シェイプ ツイン
フレックス 10段階の5

 

スタイルの適正
フリーラン
カービング
ワンメイク
グラトリ
ハーフパイプ
バートン・カスタムツインに向いている人
  • スイッチで良く滑る方
  • 高反発な板がほしい方
  • グラトリだけでなく1本で何でもしたい方

バートン・カスタムツインは
ダックスタンスでも威力を発揮できる【OFF-AXIS】を搭載しているため
グラトリでスイッチスタンスをする人におすすめの板です。

またカーボンiビームが入っているのでボードにより
反発力がでるので高いオーリーが可能です。

グラトリだけではなくキッカーやフリーランなんでも威力を
発揮できるオールランドの板でほんと

「ワクワクさせてくれる」

板でした。
一度この板を選んで
ワクワクしてもいいんじゃないでしょうか~!!

19/20モデル・バートン・カスタム ツイン【評価・レビュー・口コミ!!】

【バートン グラトリ用の板・おすすめ】まとめ

【バートン(Burton)グラトリ板・おすすめ】まとめ

「どうでした?おすすめのバートンのグラトリ板はみつかりましたか?」

おすすめのバートン グラトリ用の板をまとめるとこうです。

STEP.1
グラトリ板に必要な要素を覚える
グラトリに必要な要素
  • 【長さ】・・・短め
  • 【硬さ】・・・自分のレベルとスタイルで決める
  • 【シェイプ】・・・ツインチップ
  • 【重さ】・・・軽め
STEP.2
各バートン グラトリ板の特徴を把握2
各バートンのグラトリ板の特徴
  • 【バートン・ネームドロッパー】→ソフトフレックスでグラトリ・ジブ・パークに特化した板
  • 【バートン・ディセンダント】→少し硬く高回転系のグラトリに向いている板
  • 【バートン・プロセス】→フリーランがメインでグラトリもしたい方におすすめの板
  • 【バートン・カスタムツイン】→オールラウンドの板でグラトリ・キッカーで高いエアーができる板

後は自分に合うバートン グラトリ用の板を選ぶだけです。

ほんと自分にあう板を見つけただけで

板の扱いやすさが変わるので
早く自分に合うものを見つけて下さいね~。

ではまたまた~。