バートン ビンディングの種類の中であなたに合うもの見つけます!!

ゆう先生、
「バートンのビンディングの種類」が多くて
どれが自分に合うかわからないんだ~!!
ひとつひとつ説明してくれないかな~?
OK!!
では主要のバートン・ビンディングの種類を
教えていくね~!!

こちらの記事は
バートンのビンディングの
種類の紹介とレビュー記事がメインです。

こんな人に読んでもらいたい
  • バートンのビンディングの種類をざっくりと知りたい
  • バートンのビンディングのレビュー記事を読みたい
記事を書いた人はこんな人です!!
・【スノボ歴10年以上】
・【元インストラクター】
・【北海道・長野に住み込み経験あり】

バートン(Burton)のビンディングとは?

【バートン(Burton)ビンディングとは?】

スノーボードと言えば

「バートン」

と言っても過言ではない超有名ブランドです。

1977年から設立し歴史あるスノーボード ブランドで

その研究され続けた技術力は本物です。

バートンのビンディングは色んな種類があります、
そしてどれも人気があり誰もが認めるスノーボード ビンディングです。

あの平昌オリンピックの
金メダリストの
「ショーンホワイト選手」

銀メダリストの
「平野 歩夢選手」

も愛用する最高峰のバートン ビンディングです。

バートン(Burton)のビンディングの種類を知る前に

バートン(Burton)のビンディングの種類を知る前に

バートンの色んな種類を覚える前に
やることがあります。

それはビンディング選びの知識を得る事です。

どんなにすごいバートンビンディングの種類があっても
ビンディング選びの知識がないとどれを選んでいいかわかりません。

わからないだけでなく間違ったものを選ぶと
上達もしにくくなります、

まずはビンディングの知識を得ましょう。

名称を覚えよう!!

まずはバートンビンディングの種類を知る前に
ビンディングの名称を把握しましょう。

ある程度知っていた方がいいでしょう。
スノボビンディングの名称と機能の説明

ストラップタイプは2種類

多くのビンディングは
「ストラップタイプのディスクで
ビンディングを付けるリレックスタイプ」

ですが

バートンは

「リフレックスとESTタイプに分かれており
ESTタイプを把握しましょう。」

バートンのESTタイプ


バートンのESTタイプのビンディングは本来4本のビスで止めますが
このESTタイプはビンディングのサイドを2本のビスで固定します。

そのため「The Channelシステム」という一直線に
溝がはいっているバートンの板を使わなければいけません。

「The Channelシステム」のバートンの板は
一部「UNION」や「FLUX」の上位モデルのビンディングでなら使用可能です。
詳しくはショップの店員さんに聞きましょう。

メリット・デメリット
  • 細かい調整ができます。又足裏はビンディングプレートがなく
    PADのみのため足裏感覚が増し板の性能を最大限に生かせます。
  • ビンディングを2点で止めるため激しい動きをすると
    ネジが緩みやすい事があるとの事です。
    (最近は改良されたのですが、、、。)

リフレックスとESTがバートンの代表的なタイプですが
今回バートンビンディングの種類の紹介は

「リフレックス」のみを紹介しています。

バートン(Burton)ビンディングの種類の選び方と注意点

バートン(Burton)ビンディングの種類の選び方と注意点

あなたに合うバートンビンディングの種類を
見つけるには
ビンディングの選び方と注意点を
把握しましょう。

フレックスの硬さ

ビンディングのフレックス選び重要になってきます。
ハードフレックスとソフトフレックスどちらが
いいというわけではなく

「自分のレベルとスタイルに合わせて選びましょう」

ソフトフレックスは柔らかいので
足回りが動かしやすく
レスポンスが低いビンディングです。

ジブやグラトリする人は反応良すぎるビンディングより
ルーズなビンディングの方を好む傾向があります。

また初心者の方はレスポンスが高いと
対応できないのでソフトフレックスの方がいいでしょう。

逆にハードフレックスは硬いので
足回りのホールド感があり
レスポンスが高いビンディングです。

高速時に安定感を求めるカービングをする人や
高いエアーをしたい人は
アプローチでもぶれないホールド感がある
ハードフレックスのビンディングを好みます。

このようにレベルとスタイルでビンディングの硬さ
選びはかわってきます。

ビンディングの重さ

ビンディングでの重さ選びは軽いのが好まれる傾向です。

ジブ・グラトリでは軽い方が板を回しやすく
トリックがしやすいです。

個人的にはカービングなら重い方が安定感を出しやすいので
少しは重たくてもいいと思うのですが軽いものが多い気がします。

高いからと言っていいわけではない

高いからと言ってけして

「あなたに」いいわけではありません。

基本的に値段が高いものはハードフレックスが多いです。

理由は

硬いビンディングは硬くするために高い素材のカーボンなどを
使うからです。

高いからいいものと思って買うと
あなたが扱えないハードフレックスに当たる可能性が高いでしょう。

バートン(Burton)のビンディングの種類

それではバートン ビンディングの種類を紹介していきます、

自分にあるビンディングの種類を見つけて下さいね。

種類①バートン・フリースタイル

種類①バートン・フリースタイル

種類①バートン・フリースタイル2

バートンのフリースタイルは20年以上続く人気のエントリーモデルです。

非常に柔らかいビンディングで

「初心者の方やジブをする方におすすめの種類で」

値段もリーズナブルで人気があります。

まずはこのフリースタイルからはじめるのもいいでしょう。

18/19モデル・バートン・フリースタイル【評価・レビュー・口コミ!!】

種類②バートン・カスタム

種類②バートン・カスタム 種類②バートン・カスタム2

バートンビンディングの種類で
カスタムは20年以上愛され続けたビンディングで扱いやすい
ビンディングで大人気です。

大人気の理由は計算された
ソフトフレックスのため足回りが
自由に扱えるからです。

バートンビンディング・カスタムの特徴はこちらです。

カスタムの特徴
  • 程良いソフトフレックスを求めている方
  • 初心者の方
  • ジブ・グラトリをメインでする方

エントリーモデルでお値段はお安いですが技術力は
本物です、

一度確かめてみてください!!

種類③バートン・ミッション

種類③バートン・ミッション

種類③バートン・ミッション2

バートン ビンディングの種類で

ミッションはミディアムフレックスで
人気のある「オールラウンドのビンディング」です。

人気の理由は無駄を省いているため
お値段はリーズナブルだけど性能は落とさない所です。

特徴はこちらです。

ミッションの特徴
  • 安価でミディアムフレックスのビンディングがほしい
  • オールラウンドのビンディングがほしい

ぜひ癖がなく扱いやすい

「バートン ビンディング・ミッション」

体感してください。

19/20モデル・バートン・ミッション【評価・レビュー・口コミ!!】

種類④バートン・マラビータ

種類④バートン・マラビータ
種類④バートン・マラビータ4

種類④バートン・マラビータ3

バートン・マラビータはオリンピックにも出た平野歩夢 君も愛用する
ビンディングです。

もうこれだけでもスペックの良さはわかって頂けたかと
思いますが詳しく説明すると特徴はアンクルストラップが

「非対称ハンモックストラップ™」

を採用しており絶妙の硬さで
足回りも自由に動かせかつ
優しく包み込こんでくれます。

スーパーグリップキャップストラップ™ 2.0と
ダブルテイクバックルの相性も良く
トゥストラップのフィット感かなりいいです。

さすがバートン ビンディングのハイエンドモデルですね、
硬さはミディアムフレックスです。

特徴は

マラビータ
  • オールラウンドのビンディングがほしい
  • ミディアムフレックスで
    ハイスペックのビンディングがほしい
  • ホールド感はあるが足回りの自由はほしい
です。

このビンディングの種類はすべてにおいて
ハイパフォーマンスが可能のビンディングで
一度使うと病みつきになるでしょう。

ちなみに私はなりました(笑)

18/19モデル・バートン・マラビータ【評価・レビュー・口コミ!!】

種類⑤バートン・ジェネシス

種類⑤バートン・ジェネシス 種類⑤バートン・ジェネシス2

種類⑤バートン・ジェネシス3
【バートン・ジェネシス】はバートンのビンディングの中で
最高峰のビンディングで硬さは程よい硬さで大人気です。

ほんとなんでもできる硬さ&最高のホールド感でどのスタイルにも合わせれます。

私が試着し滑った感じは

「マラビータより少しホールド感を出し進化したビンディングです。」

マラビータとの決定的な違いはアンクルストラップです。
(硬さがいっきにかわります。)

このホールド感ならどんなスタイルにも合います、いや合わしてくれます、
そして最高のパフォーマンスを引き出してくれます。

バートン・ジェネシスの特徴は

ジェネシスの特徴
  • 「カーテルは少しかたい!!」
  • 「マラビータならすこし柔らかすぎる」
  • 「オールマイティーのビンディングのほしい!!」
  • 「最高のパフォーマンスがしたい!!」

です。

はっきり言います。

「バートン・ジェネシスを選べば間違いなく失敗することなく
ワンランク、ツーランク上の世界に行けるでしょう。」

どうせやるなら最高の性能のビンディングでやりたいですね!!
ただお値段は少しはりますが、、、。(笑)

旧モデルなら基本変わらずお値段は安くできるのでおすすめです、
ただ在庫が少ないので気を付けて下さい。

19/20モデル・バートン・ジェネシス【評価・レビュー・口コミ!!】

種類⑥バートン・カーテル

種類⑥バートン・カーテル

種類⑥バートン・カーテル2

種類⑥バートン・カーテル3

バートン・カーテルはハードフレックスでレスポンスを求める方には
最高のビンディングです。

あのオリンピックに出たショーンホワイト選手も使っているビンディング
なので性能はお済つきです。

またカーテルは無駄を削っているのでお値段も
ハイエンドモデルの中では安くお財布にも優しいです。

このバートン・カーテルの特徴は

カーテルの特徴
  • 「高速時、安定した滑りがしたい!!」
  • 「カービングをしてバリバリスピードを出したい!!」
  • 「レスポンスのいいビンディングで最高の演技がしたい」
この最高のテクノロジーが詰まったビンディング
カーテルとともにスノーボードしてみてはいかがでしょうか?

19/20モデル・バートン・カーテル【評価・レビュー・口コミ!!】

【バートン(Burton)ビンディングの種類】まとめ

【バートン(Burton)ビンディングの種類・おすすめ】まとめ
どうでしたでしょうか?
バートンの色んな種類のビンディングを紹介しましたが
自分にあいそうな物はみつかりましたか?

色んな種類がありに悩むのですがポイントは

自分の「レベルとスタイル」にビンディングを
あわすことです。

これさえわかれば自分にあうビンディングが
きっと見つけられるはずです。

ではまたまた~!!