スキー・スノボするならプロテインは必要?【徹底調査してみた!!】

ペンタくん

最近と友達に
「スキー・スノボするならプロテインは必要だよ!!」
と言われたんだ。
ただいまいち何で必要なのかわかってないんだ。

ゆう
そうなんだ。
結論から言うとプロテインはあった方が

「スキー・スノボ後の筋肉痛も早く治るし」

「筋肉もつきやすくスノボでのパフォーマンスもあがるよ~。」

少し詳しく説明するね~。

プロテインはスキー・スノボだけでなくスポーツにおいてあった方が
色々サポートしてくれると言われおります。

今回そんなプロテイン(サプリメント)についての必要性の記事になっており
内容はこちらです。

記事の内容
スキー・スノボでプロテイン【なぜ必要なの?】
スキー・スノボでプロテイン【いつ摂取したらいいの?】
スキー・スノボでプロテイン【おすすめのプロテインメーカーは?】
本記事を書いている人はこんな人です。
・【スノボ歴10年以上】
・【元インストラクター】
・【北海道・長野に住み込み経験あり】

スキー・スノボでプロテイン【なぜ必要なの?】

まずプロテインとはタンパク質です。

そしてなぜスキー・スノボではたんぱく質が必要なのか理解しましょう。

ここはしっかりポイントをおさえておきましょう。

・運動後の筋肉痛を軽減!!

スキー・スノボでは激しいスポーツで体をいっぱい使っています。

そのため次の日、体が

「いたい!!」

となった事はありませんか?

いわゆる筋肉痛です。

過度な運動をしたため筋肉を傷めしまったのです。

そんな時に筋肉の修復を早めてくれるのがプロテイン(タンパク質)です。

プロテイン(タンパク質)を取ればあんなに痛かった筋肉痛を軽減できます!!

「なかなかプロテインもいいものですね~」

これがスキー・スノボでのプロテインが必要な理由の一つです。

・筋肉が付きやすいので怪我をしにくい!!

これもスキー・スノボでプロテインが必要な理由です。

スキー・スノボは激しいスポーツなので怪我がしやすいです。

ですがプロテイン(タンパク質)を摂取することで筋肉が付きやすく体を覆ってくれます。

言わるゆる

「筋肉プロテクターのできあがりです。」

この筋肉プロテクターができることで
筋損傷や骨折・脱臼などもしにくくなります。

スキー・スノボだけではなくスポーツは
怪我との戦いの部分があるので

「本気で怪我をしたくない!!最小限にしたい!!」

人にはプロテインサプリメントは特におすすめです。

・滑りのパフォーマンスが上がる

プロテインを飲むと筋肉量が増えるので滑りのパフォーマンスは上がると言われています。

今までのトリックで力が必要だったところも少しの力でできるようになります。

又スキー・スノボでは体力との勝負の所もあり疲れてくると
パフォーマンスも下がってしまいますが
筋肉があれば疲れにくいです。

プロテインで筋肉量を増やすことで

「滑りのパフォーマンスを上げる」

事ができるのです。

スキー・スノボでプロテイン【いつ摂取したらいいの?】

スキー・スノボプロテイン【いつ摂取したらいいの?】
スキー・スノボでプロテインの必要性は理解できましたでしょうか?

次はプロテインを効率よく摂取するには

「どのタイミングで飲んだ方が効果的なのか?」

を説明していきます。どうせ飲むなら効果が出やすいタイミングで飲んだ方がいいですよね。

「任してください!!(笑)」

運動後45分以内(ゴールデンタイム)

運動後の45分以内はプロテイン摂取することで栄養素(タンパク質)の吸収率がかなり高くなります。

「スキー・スノボではどこで摂取したらいいの?」

と思うかもしれませんが

・リフト・ゴンドラに乗っている時
・休憩所にいる時

に摂取ができます。
スキー・スノボは滑っているのが筋トレなので滑り終わった直後は常に
ゴールデンタイムなのです!!

この効果的な飲み方がさらに

筋肉の修復を早め
鋼の体を築き上げていく1歩なのです。

朝食時

人間は睡眠時、体の修復などをするために大量のタンパク質を使います。

そのため朝は体内の水分や栄養が全般的に不足しているので
このタイミングでプロテインを摂取する事で効率的に栄養素(タンパク質)の
補給ができます。

まずは体内の中にタンパク質を潤わしましょう。

就寝後

人は寝ている間に成長ホルモンを活発に分泌しており
この成長ホルモンがタンパク質の吸収率をあげてくれます。

つまり就寝中の成長ホルモンが活発に分泌している時に
筋肉量と関係する栄養素(タンパク質)を補ってあげる事により

「タンパク質の吸収率を上げ筋肉量が増やす」

事ができるのです。


【寝る何時間前に飲んだらいいの?】

プロテインを飲むタイミングは
就寝30分前から60分前ぐらいこのましいです。

あまり早く飲むと体に負担がかかりますので。

スキー・スノボでプロテイン【おすすめのプロテインメーカーは?】

ZAVAS(ザバス)

国内製造で高い品質を誇る「ザバス」。35年以上の歴史が信頼の証。トップアスリートからも選ばれ続けるプロテイン。明治独自の研究開発で美味しさと溶けやすさの両立を実現。スポーツパーソンが目指すカラダづくりをサポートします。

プロテインと言えばザバスと言っても過言ではないぐらい有名なプロテクターで
35年の蓄積されたノウハウは信頼度がありますね。

オプティマムニュートリション(ON)

オプティマムニュートリション(ON)は、1986年にトニー&マイケル コステロ兄弟によって設立されました。ONは当時のスポーツサプリメント市場に信頼性の高い品質と製品の革新が必要であることを確信し、「最適のスポーツサプリメント事業」を開始しました。 オプティマムニュートリションの長年の研究の末「ゴールドスタンダード ホエイプロテイン(Gold Standard 100% WHEY)」が誕生し、 現在のスポーツニュートリションの分野で最高の製品を製造販売する会社に成長しました。 現在でもオプティマムニュートリションは、最高のホエイプロテインの原料と製品を作る為の絶え間ない研究と投資を惜しんでいません。

現在世界中の多くのアスリートに愛用され、主要20カ国以上でプロテイン市場の売上1位、年間1千億円以上の売上を誇る、世界シェア1位のブランドに成長いたしました。

チャンピオン

1983年に設立されたChampion Nutrition(チャンピオンニュートリション)社は、世界中のプロスポーツ選手、ボディービルダー、フィットネス愛好家に対し、最も高品質で効果的なラインアップを揃え、プロテインパウダーにおいては、フレーバリングにも定評のある大変美味しいピュアホエイスタックのラインを提供しています。


以上がスキー・スノボするならプロテインは必要?【徹底調査してみた!!】の記事でした。

「プロテクターの必要性はわかりました?」

「飲んでみたいプロテインは見つかりましたか?」

プロテインはシーズン中によく摂取する方が多いですが
体つくりでのプロテインを摂取する方はオフシーズンに摂取した方がいいです。

理由としてシーズンには出来上がった体で行けるので

「怪我がしくかったり、滑りのパフォーマンスの向上になります。」

ではまたまた~。