スキー・スノボブラシの使い方と使う順番とは?

最近板にワックスをかけて「スキー・スノボブラシ」を使って
いらないワックスやごみを取ってるんだけど
いまいち使い方がわかってないんだ。

ぺんた君

ゆう先生

オッケ~!!
今回は【スキー・スノボブラシ】について詳しく教えるね~。
スキー・スノボブラシって色んな種類があって

「どう使ったらいいの?」

「使う順番は?」

など思ったことないですか?
そんな悩みを今回は解決していきます。

この記事の内容はこちらです。

【スキー・スノボブラシ】そもそもなぜブラッシングするの?
【スキー・スノボブラシ】種類は?
【スキー・スノボブラシ】色んなブラシをかける順番
【スキー・スノボブラシ】かけ方
【スキー・スノボブラシ】おすすめのブラシのブランドは?

読み終わる頃には
スキー・スノボのブラッシングマスターに
なってるかも知れませんね(笑)
本記事を書いている人はこんな人です。

・【スノボ歴10年以上】
・【元インストラクター】
・【北海道・長野に住み込み経験あり】

【スキー・スノボブラシ】そもそもなぜブラッシングするの?

板のなかにある不要なワックスやごみを取り除き
板の走りをよくするためです。

ホットワックスの場合
ワックスをかけた後に板の表面についてるワックスを
スクレーパーで落としていきます。

ですがそれだけでは板の中にある不要なワックスを取り除けません。

そのためブラシをかけていき板の中にある不要なワックスを
かき出していきます。

【スキー・スノボブラシ】種類は?

スキー・スノボブラシの種類は大きく分けて4つあり
けばとりや不要なワックスをかき出す時に使います。

ブラシには用途が違ったりブラッシングの順番があるので理解して使いましょう。

【ブロンズブラシ】

真鍮ブラシと呼ばれ銅で作られているため硬いブラシです。
そのためワックスをする前のストラクチャー(溝)にあるごみを取ったりけばとりに使います。

仕上げで使うブラシ

【ボアブラシ】

仕上げのブラシの一つ。猪や豚の毛を使ったものです。

【ナイロンブラシ】

仕上げのブラシの一つ。
ホットワックスをした後にスクレーパでワックスを削った後、板の中ににある不要なワックスを取り除きます。
ナイロンなので静電気がたってしまいます。

【馬毛ブラシ】

仕上げのブラシの一つ。
ナイロンブラシをした後に使うブラシですが
用途としては細かいワックスのかき出しと
静電気防止です。

【スキー・スノボブラシ】3種類の仕上げブラシをかける順番

不要なワックスを取る仕上げブラシには
・ボアブラシ
・ナイロンブラシ
・馬毛ブラシ

の3種類があると説明しましたがこの3種類には
ブラッシングの順番があり
結論から言うと順番はこうです。
ブラシの順番
【仕上げブラシの順番】
ボアブラシ→ナイロンブラシ→馬毛ブラシ

かける順番の理由としてはブラシの硬いボアブラシからかけると
ワックスをかき出しやすいからでしょう。

ただ個人的にはレースなどでるなら3種類必要だと思いますが
普段のゲレンデ滑走ぐらいならナイロンブラシ一つでいいと思います。

 

私は

【ブロンズブラシ】(ごみ取り&けばとり)の後に
【ナイロンブラシ】(いらないワックスを取る仕上げブラシ)

だけです。

これだけでも十分に板は走ってます。

一番大事なのは

「こまめにかける事」

だと思います!!

【スキー・スノボブラシ】かけ方

ブラシのかけ方で気を付ける事は一つで

「ノーズからテールに向かってかける」

です。
スキー・スノーボードの滑走中
板につく雪は
ノーズからテールの順番に移動しているので

やはりブラッシングもノーズからテールにかける方が

板の走りは良くなります。
スノーボードの板に愛情があるなら
これぐらいは絶対やりましょう。

【スキー・スノボブラシ】おすすめのブラシは?

次はブランド別にどんなブラシがあるかみていきましょう。

【GALLIUM(ガリウム)】

スキー・スノボブラシと言えば

「ガリウム」

と言っても過言ではないくらい知名度が高いです。
ワックスではかなり歴史ある国産んのスキー・スノーボード用品で
信用度もあります。

スキー・スノボブラシで悩むなら

「ガリウム」

を選べば間違いなしです。

【swix(スウィックス)】

「スウィックス(SWIX)」は、1943年、スウェーデンの製薬会社ASTRA社が、クロスカントリースキーのトップスキーヤーだったマーティン・マツボと組み、ワックスの共同研究とテストを開始したことに始まる

スウィックスは、「経験や理論だけではなく、結果こそすべて」という開発ポリシーのもと、最先端のテクノロジーを使ったワックス製品を次々と開発し、市場を席巻。 今現在もワックス・チューンナップ用品など多岐にわたる製品のリーディングカンパニーとして君臨し続け、歴代のオリンピック、世界選手権、ワールドカップレースでの選手のメダル獲得に寄与している。

【swix(スウィックス)】①【swix(スウィックス)】②

 

【swix(スウィックス)】③

実際に私もSWIX(スウィックス )のナイロンブラシを購入しましたが良かったです。

良かったポイントはこの2点です

・持ちやすいので力を入れやすい
・横に引っ掛けるところがあるのでどこにでもかけれる

ブラシ選びを悩んでるならSWIX(スウィックス )で後悔は
しないと思います。

【TOKO】

トコはスイス・アルスタッテンを本拠地として29カ国へ輸出するケミカル製品企業です。
その歴史はヤコブトブラーによって1916年にスタート。当初、登山用品や革製品などのケア用品製造販売を主としました。
1933年、当時まだ木製だったスキー専用に初のワックスを開発。
その後こんにちに至るまで数々の革新的ワックスを世に送り出し、世界中のスキーヤー・スノーボーダー・ノルディックスキーヤーから信頼されるブランドとなりました。
まもなく創業100年を迎えるトコは、ハイテクやユニークさだけではなく、人々や環境に配慮した製品創りを目指しています。


「スキー・スノボブラシめんどくさいしもっと早くやりたい」

と思う方に超おすすなのがこれです!!
お値段は少し高いですが作業時間が3分の1ぐらいになるので
まじ大人気です。

もうブラッシングしたら腰が痛くなるとは言わせません!!(笑)


これでスキー・スノボブラシの使い方&おすすめの講座は終わりますが
大丈夫でしょうか?

はじめは手間かもしれませんが何回かやると慣れ
板に愛情がどんどんわいてくるので頑張って下さい。
ではまたまた~。

スキー・スノボワックスのかけ方㊙情報!!の記事はこちらですので
興味のある方はどうぞ~。
スキー・スノボワックスのかけ方㊙情報!!