19/20モデル・オガサカ・CT-Sの【評価・レビュー・口コミ!!】

19-20 板・レビュー




オガサカ(OGASAKA)・CT-S[19-20]㊙レビュー&評価!!

オガサカ(OGASAKA)・CT-S[19-20]レビュー&感想!!① オガサカ(OGASAKA)・CT-S[19-20]レビュー&感想!!②

2019年3月1日、岐阜のめいほうスキー場の試乗会に行ってきました。

オガサカ(OGASAKA)・CT-S[19-20]レビュー&感想!!③オガサカ(OGASAKA)・CT-S[19-20]レビュー&感想!!④

その時にオガサカ・CT-Sを乗ったレビュー・感想を書いております。

この試乗会で

・【オガサカ・CT】
・【オガサカ・CT-M】
・【オガサカ・CT-S】
・【オガサカ・AST】
・【オガサカ・FC】

などを試乗しているので
より信用できるレビューかなとおもいます。


【滑った状況】
・【雪質】・・・シャバ雪
・【身長・体重】・・・173㎝・63キロ(脚力はそんなにないタイプ)
・【スタンスアングル】・・・前+18・後ろ-3
・【ビンディング】・・・バートン・マラビータ
【乗った板】
オガサカ・CT-S
・【板の長さ】・・・154㎝
・【形状】・・・キャンバー
・【シェイプ】・・・ディレクショナルツイン

オガサカ・CT-S[19-20]レビュー&評価!!【走り】

「速いです!!」

オガサカの中でもコアが違うので走るのでしょうか。

オガサカ・CT-S[19-20]レビュー&評価!!【硬さ】

はじめに「オガサカ・CT-S」乗って思ったのは

「硬い!!」

「中心に体重をかけて乗ってもなかなかしならない!!」

でした。(身長173㎝・63キロの私には)

ちょっとではしならないのがオガサカ・CT-Sの特徴で
勝手に曲がってほしくない方にはとっても嬉しい板なのです。

この硬さの原因はコアから来ています。

オガサカ・CT-S[19-20]レビュー&感想!!【硬さ】①

オガサカ・CT-S[19-20]レビュー&評価!!【重さ】

重さは軽くもなく重くもなく
程良い重さでした。
これぐらいなら扱いやすいでしょう。

それよりも硬さのほうが気になっていました。

オガサカ・CT-S[19-20]レビュー&評価!!【安定性】

シャバ雪の中級コースを滑走しましたが全然ばたつかず安定しています。
全然上級者コースでも安定はするでしょう。

オガサカ・CT-S[19-20]レビュー&評価!!【操作性】

板が硬いのでしっかりと体重を乗せて
しなりを使わないと操作はしにくかったです。

大きい動きのロングターンならまだいいですが
クイックなショートターンでは少し扱いにくさを感じました。

そして板のしなりは
こちらから板にアグレッシブに
体重をかければ少しはしなりますが

脚力を使わず流しながら滑っている時は板のしなりは全然感じませんでした。

「これがオガサカ・CT-Sの特徴ですね~」

逆に脚力があったり体重があって普段使っている板が

「しなり易い!!」

「曲がりやすい!!」

など悩みをもっている方にはおすすめの板です。

オガサカ・CT-S[19-20]レビュー&評価!!【スイッチスタンス】

硬いので少しやりにくさを感じました。

硬いと反応がいいので逆エッジに注意が必要です。

オガサカ・CT-S[19-20]レビュー&評価!!【まとめ】

オガサカCT-Sを一言で言うと

「硬い板なので

自分から働きをかけないとしなりにくい板」

です。

そのためスピードの出るロングターンでは安定性が抜群ですが
クイックなショートターンは少しやりにくさを感じます。

又FCと硬さは同じぐらいなのですが感じ方が違いました。

硬さの違いの原因は

・「ウェストの幅」
・「サイドカーブの深さ」
・「有効エッジの長さ」

などが理由で

「オガサカ・CT-Sはしならせにくい板」

「オガサカ・FCはしならせやすい板」

でした。

そのため

オガサカ・CT-Sに向いている方は

板の性能で勝手にしならすのではなく

自分で板に働きかけ板をしならすことができる

・脚力のある方
・体重のある方

です。
知り合いもオガサカ・CT-Sを試乗していたのですが
その方は私より大きく体重がある方で

「なかなか乗りやすい!!」

と言っていました。

なので

・「脚力のある方」
・「体重のある方」
・「今乗っている板がしなり易い方」

このオガサカ・CT-Sを乗ればワンランク・ツーランク上の滑りができるでしょう。