スノーボード・キッカー板の「おすすめ㊙情報!!」

そろそろ僕もスノーボードも慣れてきたしキッカーデビューしようかなぁと思っているんだけど
なにかおすすめのキッカー向けの板ってないのかな?

おすすめのキッカー向けの板はあるよ。
少し説明するね。

本記事では

・【キッカーとは?】
・【キッカーの各部分の名称】
・【キッカー板の選び方】
・【おすすめのキッカー板】
について書いております。

キッカーを飛ぶのはスノーボードの楽しさの一つです。
あの飛んだ瞬間たまりませんね。

ただ時には失敗することもあります。
技術不足で失敗するのはまだ仕方ないですがキッカー板選びを間違い失敗するのは別の話です。

又「怪我はしやすい」・「上達もしにくい」損ばっかりです。

そうならないためにもここではしっかり

「キッカーに向いている板を理解し失敗しない&おすすめのキッカー板選びの知識」

を身につけましょう。

本記事を書いている人はこんな人です。

・【スノボ歴10年以上】
・【元インストラクター】
・【北海道・長野に住み込み経験あり】

1.【そもそもキッカーとは?】

少しBOXなどが入ってますがキッカーの動画御覧ください。

良くスノーボードしていると「キッカー」という言葉を聞くと思いますがそもそもキッカーってなに?
って思っている方もいると思います。
では改めてキッカーとは

「人口で作られたストレートのジャンプ台」の事です。ただそれだけの事です。

だったらか「ジャンプ台」でいいんじゃないの?ってずっと私は思ってます。

まぁそういってもみんなが読んでるんでジャンプ台=キッカーで覚えましょう。

2.【キッカーの各名称】

2.【キッカーの各名称】①

アプローチ

キッカーを飛ぶ時のスピードを助走するところです。

キッカーではまずアプローチが大事という人が多いくらいすごく大事な場所。
ここでスピード調整し適正なスピードにします。

トランジション

アプローチが終わりキッカーの台を上っていくRの部分の事をトランジションと言います。

リップ

飛び出す角の部分をリップと言います。

テーブル

リップからランディング部分の所までをテーブルと言います。

ランディング

着地する傾斜になっている所です。
基本はキッカーを飛んだらランディングに着地をしますが

・スピードが足りない→テーブル落ち
・スピードを出しすぎる→ランディング超え
などをして危ないので
ランディングに落ちる適正なスピード調整をして下さい。

3.【キッカーを飛ぶ時のポイント】

キッカーを飛ぶにはポイントがあります。

ポイントを知るだけで怪我をせず上手になる事も多いです。
少しでも私がキッカーに入る時に心がけているポイントが参考になれば幸いです。

種類と大きさを把握する!!

まず私が飛ぶ前にやる事は

「種類や大きさ」

を把握する。
やはりキッカーを制するには相手を知る必要があります。
分析することによって攻略方法は見えてきます。

「この種類で気を付ける事はこれだな!!」

「この大きさではこのスピードで飛ぶとこの場所に着地できそうだな?」

などを予想して下さい。必ず役立ちますので。

飛んでいる人のデータを取る!!

次にする事は飛んでいる人のデータを取る事です。

自分が飛ぼうとしているキッカーを先に飛んでくれてる方なので大変役立ちます。

まさに「生きた情報です」
ここで大事になってくるのが何人かのデータを取って下さい。

一人だとたまたまその人が上手いから適正なランディングの場所に着地できたかも知れません。

又多くひとを見るとイメージもわいてきます。
キッカーを飛ぶにはイメージ力も大事になので。

アプローチでスピードや方向調整する

これかなり大事です。

アプローチが失敗するとキッカーは必ず失敗すると言っても過言ではありません。

例えばストレートに飛び場合アプローチでは真っすぐ入らなければいけません。
斜めに入るだけでキッカーで上手に飛べません。

又キッカーの大きさによるアプローチのスピード調整も大事になってきます。

「このキッカーの大きさならランディングに届くのはこのスピードぐらいだなぁ」などの予測をします。

そして適正なスピードでランディングに落ちることなども心掛けます。

上手な人はアプローチの大事さを知ってます。

プロテクターをを付ける


キッカーを飛ぶにあたってプロテクターは必須です。

その理由は2つです。

・怪我を防ぐ&軽減してくれる

・恐怖心が和らぐ

まず一つ目の理由での「怪我の防ぐ&軽減」はほんと助かります。

キッカーではジャンプ時バランスを崩して背中からやおしりから落ちる事は多いです。

そのため骨折や脱臼などの怪我などが多発してます。

しかしプロテクターをしていたから「骨折や脱臼」などを免れたいう方が多いです。

又怪我をしても軽減はしてくれます。
軽減だけでも「プロテクターの効果は大ありです。」

キッカーする人をプロテクターが守ってくれるでしょう・


二つ目の理由が「恐怖心が和らぐ」です。

プロテクターを付ける事で心理的に怪我を防ぐ&軽減してくれること。

これを頭の中でわかっていると恐怖心が和らぎます。

恐怖心が和らぐ事によりいままで見えなかった事が見えてくる事があります。
プロテクターはキッカーする人の上達にも大きく関わるスノボ道具なのです。

プロテクターの【選び方&おすすめ】に興味のある方はこちらの記事を参考にしてください。
スノボプロテクター【選び方&おすすめ㊙情報!!】

一本目は飛ぼうと思わず流す

実際に飛ばないとわからないのがキッカーです。
しかし一本目から高さを出そうとして全力でオーリーをかけて飛ぶのはやめましょう。

上手くいけばいいですがやはり一本目はどんなキッカーか調べるために

流す感じで滑りましょう。

その方が怪我のリスクも少なく安全にキッカーに望めます。
キッカーのポイントの一つは

怪我のリスクを最小限にする事です。

それでも怖いなら飛ばない!!

やはり下調べしてプロテクターを付けて準備万端にしても怖い思ってしまう事があります。

キッカーなので恐怖心はだれにでもありますが
あまりにも怖いと思うならまだ自分がキッカーを飛ぶレベルではないと思ってあきらめましょう。

友達が行くからと言って怖いのにつきあう必要はありません。
大事なのは自分がいけると思った時です。

キッカーに向いている板なのか確認する

初心者の方でキッカーに行く方を見かけますが凄く飛ぶ前から危なそうな人がいます。

その危なそうの原因の一つが

板の要素がキッカーに合っていない事があります。
それではなかなか上達できません。

上達できない所が怪我をしてしまいますのでちゃんとキッカーに合う板を選びましょう。

ではどんな板がキッカーにあう板なのでしょうか?

下記で詳しく説明します。

4.スノーボード・キッカー板【キッカーに向いている板の選び方】

「スノーボードでキッカーにおすすめな板の要素はなんですか?」

という質問をいただくのですが
結論からいうとこちらです。

キッカーにおすすめの要素
・【長さ】・・・長め
・【硬さ】・・・硬め
・【シェイプ】・・・ツインチップ
・【形状】・・・キャンバー

【長さ・・・長め】
板は長めの方が高速時、安定します。
大きいキッカーでは安定性が必要なので長めの板の方がいいです。

逆に短い板は上級者などの回転したい人には向いてます。

【硬さ・・・硬め】
板は硬めの方が高速時、安定します。
また硬いと反発しやすいのでオーリーで高さを出しやすくなります。

はじめの頃はオーリーができませんが慣れてくると高さを出せるようになります。

【シェイプ・・・ツインチップ】
ツインチップは板のノーズとテールの長さが同じなのでスイッチスタンスに切り替えるのがスムーズにいきます。基本キッカー向けの板はツインチップになっています。

【形状・・・キャンバー】
基本的にキャンバーは他の形状と比べて有効エッジが長いです。

有効エッジが長いと板が安定します。
又キャンバーは踏むと板がしなり易く反発するので高さも出しやすくなります。


以上がキッカーに向いている板の要素の基本ですが

必要とする板の要素は

どれくらいのキッカーの大きさを飛びたく

どのように飛びたいか(ストレートで飛ぶor回転系がしたいなど)

などにより変わります。

例えばキッカー初心者の方は

小さいキッカーをメインにする方が多いです。
小さいキッカーではアプローチも短いためスピードが出ません。

なので高速時に必要な長めの板の必要度が低いので短めの板でもいいでしょう。

大事なのは自分のキッカーのスタイルを把握しそのスタイルにあう板の要素を選ぶことです。

では次はおすすめのキッカー板をご紹介します。

5.1 スノーボード・キッカー板【おすすめ①アライアン・プリズム】

4.1 スノーボード・キッカー板【おすすめ①アライアン・プリズム】①

キッカー板でダントツに人気が「アライアン・プリズム」です。
本気でおすすめするキッカー板で私も乗った事があるのですがいごごちがかなりいいです。

これならどんなキッカーでもビビらず自信をもって飛べるはず!!
このアライアン・プリズムがキッカーで飛ぶときに後押ししてくれるでしょう。
4.1 スノーボード・キッカー板【おすすめ①アライアン・プリズム】②
4.1 スノーボード・キッカー板【おすすめ①アライアン・プリズム】③
キッカー(ワンメイク)だけじゃなく何のスタイルにも合わしてくれる板なのがGOOD!!
4.1 スノーボード・キッカー板【おすすめ①アライアン・プリズム】④
やはりキッカー・パークで大・大人気の板ですね。
評価の数と評価値がはんぱなくいいですね。

「プリズムはんぱねぇ~ですね(笑)」

キッカーを上手くなりたいならアライアン・プリズムで間違いないでしょう。
高速の滑走性能も持つので高く飛べる事間違いないなしです。
この板ならどんなキッカーでも制覇できるおすすめのキッカー板です。

19/20モデル・アライアン・プリズム【評価・レビュー・口コミ!!】

5.2 スノーボード・キッカー板【おすすめ②ノベンバー・アーティスト】

4.2 スノーボード・キッカー板【おすすめ②ノベンバー・アーティスト】①

4.2 スノーボード・キッカー板【おすすめ②ノベンバー・アーティスト】②
この板は癖がなく誰にでも扱いやすいやすいオールラウンドの板で大人気です。

4.2 スノーボード・キッカー板【おすすめ②ノベンバー・アーティスト】③
ミディアムフレックスなので
小さいキッカーや大きいキッカーを飛ぶ方どちらでも大丈夫なキッカー板です。

4.2 スノーボード・キッカー板【おすすめ②ノベンバー・アーティスト】④
キッカー(ワンメイク)と特に相性がいいのが嬉しいですね。

4.2 スノーボード・キッカー板【おすすめ②ノベンバー・アーティスト】④
この評価ほんと凄いですね。
これだけノベンバー・アーティストの凄さを物語ってます。

これはお店によるのですが
フォローズさんのお店では限定色も選べるのも人気の秘訣です。

この板は癖がなくどんなことでもできますが
特に

「キッカーを本気でしたい方」

におすすめの板です。

硬さもそこそこあるのでキッカーでの高さもだせるので
板選びで悩んだ時はこれを選べば間違いないでしょう。

19/20モデル・ノベンバー・アーティストの【評価・レビュー・口コミ!!】

5.3 スノーボード・キッカー板【おすすめ③スクーター・エスシーティー(SCT)】

4.3 スノーボード・キッカー板【おすすめ③スクーター・エスシーティー(SCT)】①

4.3 スノーボード・キッカー板【おすすめ③スクーター・エスシーティー(SCT)】②
キッカーでのおすすめはもちろん軽量&鋭い反発があるため
フリーランにもおすすめな板です。

4.3 スノーボード・キッカー板【おすすめ③スクーター・エスシーティー(SCT)】③
板の硬さがミディアム・フレックスなので扱いやすいですね。

4.3 スノーボード・キッカー板【おすすめ③スクーター・エスシーティー(SCT)】④


この評価の高さやばいですね。
やはり国産でオガサカで性能の高さが評価につながってますね。

この板は1本でなんでもできる板ですが

ある程度の硬さもあり高いエアーも決めれるので
キッカーにも向いています。

又オガサカ工場でつくっているので性能はお墨付きです。
この板ならキッカーで最高のパフォーマンスをだしてくれるでしょう。

19/20モデル・スクーター・SCT【評価・レビュー・口コミ!!】

5.4 スノーボード・キッカー板【女性におすすめ④アライアン・プリズムガール】

4.4 スノーボード・キッカー板【女性におすすめ④アライアン・プリズムガール】①

「女性に向いているキッカー板がわからない」

という方におすすめなのがアライアン・プリズムガールです。
この板は大人気の「アライアン・プリズム」の硬さを少し柔らかくした女性向けのキッカー板です。
4.4 スノーボード・キッカー板【女性におすすめ④アライアン・プリズムガール】②
硬さも少し柔らかめなので女性におすすめキッカー板です。

4.4 スノーボード・キッカー板【女性におすすめ④アライアン・プリズムガール】③
この板は

「キッカーをしたい女性におすすめできる板」

です。
むしろそのために作られた板です。

キッカーをする女性にお伝えします。

「この板のすばらしさ存分に味わって下さい!!」