「スノーボード・カービングにおすすめな板㊙情報!!」

おすすめ板




ぺんた君
そろそろキレのあるカービングをしたいんだけど何かカービングにおすすめの板はないかな?
ゆう先生
色々あるよ。カービングにおすすめの板はあるんだけどまずは「おすすめする板の基準」を教えるね
ここが大事なのでしっかりと覚えといてね。
本記事ではカービングターンにおすすめする板を紹介してます。

この記事を読むことによってカービングターンに【おすすめする板の要素】と【おすすめする板】を知る事ができます。
これからカービングターンしよう思っている方には必須の内容になっております。

記事を書いた人はこんな方です。

・【スノボ歴10年以上】
・【元インストラクター】
・【北海道・長野に住み込み経験あり】
まずはこちらをご覧ください。

1.カービングにおすすめする板の基準

まずはじめにカービングにおすすめする板の基準は「カービングを中心とするオールラウンドの板」が基準です。

本気でカービングだけをしたい人はカービングだけのために作られた板を購入した方がいいです。

しかし基本は1本で色んな事をしたいと方が多いのでベースはカービングでも少し色んな幅をもたした板をおすすめしております。
では「カービングを中心とするオールラウンドの板」とはどんな要素を持った板がいいのでしょうか?

カービングにおすすめな要素
【形状】・・・キャンバー(板のしなり・反発を使いたいため)
【硬さ】・・・少し硬め(あまり硬すぎると遊びがなくなるので)
【長さ】・・・少し長め(高速時安定性を求めるため)
【シェイプ】・・・ディレクショナルツインorディレクショナル(基本的には体重が後ろにある方がいいため)
この要素がカービングにおすすめの板の要素です。
板選びではここをしっかり守ることによって高速時板の安定性があってかつ板のしなりを使えカービングができるためキレのあるカービングができます。

【形状】キャンバーとは?

キャンバータイプのスノーボードの板
板の中心が浮いておりちゃんと板の中心を踏むと板がしなるためエッジが食い込みやすいです。

そのためキレのあるカービングができる形状です。

【硬さ】硬め

カービングでは硬めの板をおすすめします。

理由は
「高速時でも板が安定する」からです。

柔らかい板だと高速時バタつきます。そのためカービングがやりにくいです。

又硬い板は板をちゃんと踏むと板が反発します。
この反発がキレのあるカービンターンを生む要素の一つです。

【長さ】長め

カービングターンでは高速時に対応できる板でないといけません。

板が長いと高速時でも板が安定しやすいのです。

【シェイプ】ディレクショナルツインorディレクショナル

snowbord shape
カービングターンは高速時でも安定しないといけないので基本ポジションの時に体重が後ろに乗っている板がおすすめです。

そのため重心が後ろに乗るように設計されている「ディレクショナルツインorディレクショナル」がカービングターンにおすすめのシェイプです。

ツインだと重心が真ん中のためカービングターンにはおすすめできません。

では今から「スノーボード・カービングにおすすめ板」を紹介していきます。

2.「スノーボード・カービングにおすすめ板その①」OGASAKA-CT


カービングのおすすめの板といえば「OGASAKAのCT」を選べば間違いはないというぐらいカービングで有名な板です。
インストラクターの方やバッジ検定を目指している方に安定性のあるCTが大人気で乗っている方がかなり多いです。

CTはカービングの板でもオールラウンドモデルでキッカーやパイプ、グラトリなどで威力を発揮できるかなりお勧めの板です。

「OGASAKAのCT」は板の反発を感じれる板なのでちゃんと板の真ん中を踏めていれば板がしなりキレのあるカービングができます。
私もOGASAKAの板を乗っておりましたが板が走ります。となりでスタートした人と距離の差が開いていく時のうれしさはかなりありました。(笑)
又国産で自社工場があり「性能」「品質」はピカイチでOGASAKAと聞くだけで信頼できる板です。

ラウンドノーズ、ラウンドテールのオーソドックスなフリースタイルボード。ディレクショナル形状のため、ライディングスタイルに向いている。内部構造的には横方向の繊維を多用し横方向に強いハイトーションとした。ボードが全体的に柔らかくとても扱いやすいが、トーションが強いためエッジグリップが強くズレにくい。またボードに強い力を加えると、よくたわんで反発力が強く発生するため、軽い操作感も得られる。柔らかく反発力があるので、カービングだけでなくグラトリ操作における高さもスピンもやりやすい。軽快でリズミカルなフリーライディングを楽しめる。18-19シーズンは高反発素材の高強度ポリエチレンの量をメンズサイズでは倍に増量、レディースサイズにも初めて高反発素材高強度ポリエチレンを装着して反発性能を高めた。

 

「OGASAKAのCTだとグラトリは厳しいかもと思っている方がおられますが全然できます。


カービングメインでオールラウンドの板を求めるなるなら「OGASAKAのCT」で間違いありません。

【OGASAKA-CT】は乗りてを選ばない板で有名です。
そのためカービングをやりはじめた初心者の方におすすめできる板です。

ほんとにおすすめできるカービングの板なので一度この板を体感してください。
きっとこの乗り心地に満足するでしょう。


OGASAKA-CT-Lについて知りたい方はこちら

3.「スノーボード・カービングにおすすめ板その②」BC STREAM S

BC Streamの板の図 BC Streamの板の形状を説明している図
「BC STREAM S」もかなり人気のある板でオールラウンドのカービングのおすすめの板です。

板の形状はSVCキャンバーのハイブリットキャンバーでエッジの角付けの角度によって有効エッジの長さが変わるハイパーオールラウンドに進化しているのです。
板の硬さも程よく硬く反発もしっかりと感じとれるでしょう。

BC Streamの板のサイズを説明している図

板の特徴
【板の形状】・・・SVC(ハイブリットキャンバー)
【板の硬さ】・・・そこそこ硬い
【シェイプ】・・・ディレクショナルツイン

この「BC STREAM S」はカービングをメインでオールラウンドの板を探している方におすすめの板です。
「BC STREAM S」がワンランク上のランディングへと導いてくれるでしょう。

・「OGASAKAのCT」と「BC STREAM S」の違い

カービングメインの板で2大人気なのが「OGASAKAのCT」と「BC STREAM S」です。
「どう違うかわからない!!」と思う方がいるのでとこの2つの違いを説明したいと思います。


CTとSの違い
CT・・・「板のセンター硬め」・「ノーズ・テール柔らかめ」
そのためセンターが硬いためばたつきにくいので安定性がいい。

 

S・・・「板のセンター柔らかめ」・「ノーズ・テール硬め」
そのためセンターが柔らかいためねじったりもできるので操作性がいい。

「安定性」か「操作性」どちらを重視するか自分のスタイルと相談しましょう。

4.「スノーボード・カービングにおすすめ板その③」OGASAKA-FC


本気のカービングを目指すならOGASAKA-FCです。
FCとはfull curveの意味でカービングのため板です。
CTのい違いはまず形状がセミハンマーです。この形状によりターン時雪をいち早くとらえれることが鹿野です。
又板はフレックスは硬めで高速時に対応ができるのでまさにカービングのために作られたおすすめの板です。

カービング愛好者の間ではハンマーヘッド形状のボードが絶大な人気だが、FC、FC-Limitedはノーズ・テールを若干長めに設計したセミハンマー形状を採用している。ターンの切りかえには若干のタイムラグが生じるが、その分自由度が高まる。重心の入れ替えによるカービングターンからストローク運動を活用したカービングターンまで、さまざまな運動要素を自在に表現できる。またグラトリ操作の時もノーズ・テールの粘りを利用したトリックを楽しめるし、ジャンプする時にもテールの反発力を使って高く飛び出すことができる。ボードの全体のフレックスは硬いが、有効エッジより接点が内側にあるため操作性は高く動かしやすい。さらに硬めのフレックスは高速カービングターンの時に安定感が生まれる。

滝口雅司/FC
「しなり」と「反発力」、そして「グリップ力」。この3つのバランスがとにかく良く、乗り心地が凄く良い。ノーズからテールまでキレイにしなり、外力と喧嘩せずストレスのないシャープでキレイなターン弧を描いてくれる。また、グリップ力が高いので「安定感」と同時に「安心感」があり、多少バランスを崩しても大丈夫と思い切って次のエッジに乗り込んで行ける。これは滑り手としては非常に助かる。挑戦できるからだ。特にテールのグリップ力は抜群に感じた。ズレやすいと言われるヒールサイドターンの後半で是非このボードの力を感じてみて欲しい。


FCはオールラウンドの板ではないので色んな事をしたい人には不向きかも知れませんが本気でカービング1本でやりたいと言う人には絶対「おすすめのカービング板」です。
この板を極まればゲレンデでカービングしていてもかなり目立つでしょう。

5.「スノーボード・カービングにおすすめ板その④」YONEX-SMOOTH

YONEX・スムースの形状を表している図

ヨネックスの板の売りは
「軽く」・「強く」・「操作性」・「反発力」を売りにしており独自のカーボン技術はスノーボード業界でもかなり注目されております。

そしてその中の板の一つのYONEX-SMOOTHはカービングもでき「安定性」と「操作性」の両方を兼ね揃えているオールラウンドのおすすめの板です。
カービングで求められる程よい板の硬さがもありそのため反発力感じられます。
今年からSMOOTHには「STOMP-TECH 3.0」が搭載され150g軽量化された事によりスイングウェイトがかなりしやすくなりました。
これによりハイクオリティの滑りが可能がなりました。

その名の通り乗り味「スムース」、進化を極めたオールラウンドモデル
「STOMP-TECH 3.0」、さらに振動吸収と粘り強さに優れた「NANOMETRIC XT」を投入し、ライダーの意思に的確に反応するコントロール性能と安定性を備え、パーク、パイプをはじめすべてのフリースタイルシーンでのハイレベルなライディングを可能にするボード。フリースタイル系ボードでありながら、粘り強いしなり具合は優れたカービング性能を引き出し、フリーライディングにいたるまで幅広く楽しめるオールラウンド性能も魅力。誰よりも質の高い滑りを求めるフリースタイル系ライダーに是非乗ってもらいたい。

スムースの特徴
形状・・・キャンバー
硬さ・・・そこそこ硬い
シェイプ・・・ディレクショナルツイン
サイズ・・・142・146・150・154・158

YONEX・スムースのサイズを表している図 YONEXの板の性能を説明している図 YONEXの板のスウィングウェイトを説明している図


この板一本でハイクオリティなランディングができカービングにもおすすめの板です。
一度YONEXの技術を肌で感じて下さい!!

6.「スノーボード・カービングにおすすめ板その⑤」「女性向け」YONEX-SLEEK

SLEEKの板の形状の図 SLEEKの板のサイズの図 SLEEKの板の性能の図
SMOOTHは基本男性の板ですがこちらのSLEEKの板はSMOOTHの性能をレディースでも十分扱えるよう向けに徹底的に作られた板です。
基本的には性能は同じですが女性がの脚力でも扱えるように硬さの調整をしております。

コンペティションで勝てる実力を備えた、レディース専用オールラウンド
SMOOTHの性能をレディースでも十分扱えるよう向けに徹底的にチューニングしたボード。「STOMP-TECH 3.0」「NANOMETRIC XT」を投入し、高い反発力とコントロールと安定性を引き出しつつ、「カーボンラウンドチューブ」を組み込むことで、レディースの脚力でも十分にコントロールできるしなやかなでスムースな操作性を備える。パーク、パイプ、そして力を無駄なくターンへとつなぐ、優れたカービング性能をいかしてあらゆるシーンでの質の高いライディングを可能にする。

カービングするためには板選びも大事ですがカービング向けのブーツも大事なってきます。
こちらの記事は「カービングブーツの選び方おすすめ」のまとめ記事になってますので参考にしてください。

スノーボード・カービングブーツの「おすすめ㊙情報!!」

2019年1月24日