スノーボード・初心者板の「選び方&おすすめ㊙情報!!」

先生、そろそろスノーボードの板を購入しようと思っているんだ。
でもどんな板を購入したらいいかわからないんだ。初心者におすすめな板を教えてくれないかな?

了解。初心者におすすめな板はあるよ。では少し説明するね。

スノボはじめたばかりの方は

 

【どのような板を選んでいいか悩んだことはありませんか?】

何もわからず板を購入してしまうと扱いにくく転倒の回数が増えたりして楽しめるものも楽しめません。
ここでは

・【初心者板とはどんな板?】
・【初心者板の選び方】
・【おすすめの初心者板】
について書いております。
少しでも初心者の方の板選びの参考になればうれしいです。

本記事を書いた人はこんな人です。

・【スノボ歴10年以上】
・【元インストラクター】初心者の方をたくさん教えてきました。
・【北海道・長野に住み込み経験あり】

1.【そもそも初心者板とはどんな板?】

結論から言うとターンがしやすい板です。

はじめのころはなかなかターンができず
心が折れやすいです。
又初心者の方は板の選び方をわからずターンをしやすい初心者板を選んでない方がおられます。

それではなかなか上達できません。
まずは

「初心者板=ターンをしやすい板」

を選びましょう。

2.スノーボード・初心者板【初心者に向いている板の選び方】

何度も言いますが初心者に求められる板はターンがしやすい板です。
ターンができなければ何もできません。

ただターンだけを求めている超初心者用の・柔らかくて・板の長さは短くて・形状はロッカーなどのターンだけを追求した板はおすすめしません。
この場合少し滑れるようになると色んな事をしたくなりますが超初心者の板なのですごくやりにくいのです。

長期使用と考えると超初心者の板ではなく初心者用のオールランドの板をおすすめします。

まとめると初心者におすすめするオールラウンドの板の要素こちらです。

  • 形状・・・ハイブリッドキャンバー
  • 長さ・・・短め
  • 硬さ・・・柔らかい
  • 重さ・・・軽い
【形状・・・ハイブリッドキャンバー】

まずハイブリッド板とは板の形状の
「キャンバー」・「ロッカー」・「フラット」
のどれかと組み合わせて作られた板です。

その中の一つでハイブリットキャンバーがあります。

これのメリットは

真ん中にキャンバーがあるので板を踏める事です。

カービングなどでは板を踏んでしならせキレのあるカービングが求められます。
そのためにキャンバーは必要なのです。

しかしキャンバーだけだと板の接地面が少なく逆エッジになり易いです。

そこでサイドにロッカー形状をいれ接地面を多くし逆エッジになりにくくしたのです。
これにより初心者の方に人気のある板になったのです。

ハイブリットキャンバーは特におすすめですが

早く上手くなる自信がある方はキャンバーを選んでも問題はないでしょう。
ひと昔前はキャンバーしかありませんでしたし。


【長さ・・・短め】
初心者には短めの板をおすすめします。
理由は板の操作がしやすいからです。

初心者の方に求められるのは板をどれだけあつかえるかの「操作性」です。

長めの板にすると高速時板の安定性は得られますがまず初心者のはスピ―ドをだしません。


【硬さ・・・柔らかめ】
これも操作性が上がるからです。

硬いと高速時板の安定性は得られますが初心者にはいりません。


【重さ・・・軽め】
軽めをおすすめします。
重いと安定しますが
初心者の方には必要ありません。

軽い板の方が「操作もしやすく疲れにくいのです。」

以上初心者の方に求められる要素なのですが共通していることは

「操作性」です。

操作性が初心者の板選びの重要なポイントになっているのです。

では実際にどんな初心者板がおすすめなのか紹介していきます。

3-1スノーボード・初心者板【おすすめ①サロモン・アサシン】

サロモン・アサシンは
初心者・中級者に大人気の板です。
大人気の理由は「操作性」・「安定性」が半端なくいいです。
私も試乗会で乗りましたが半端なく安心感があり楽しかったです。

この板をはじめに選んでいると逆エッジもなりにくいので
スノーボードが楽しめる事間違いなしです。
はっきりいいます。

「本気でやばいです!!」
3-1スノーボード・初心者板【おすすめ①サロモン・アサシン】①

3-1スノーボード・初心者板【おすすめ①サロモン・アサシン】② 3-1スノーボード・初心者板【おすすめ①サロモン・アサシン】③

・形状・・・ハイブリットキャンバー(マイルドなキャンバー)
・長さ・・・150・153・156・159・162・165
・硬さ・・・やや柔らかめ
・シェイプ・・・ディレクショナルツイン

19-20モデルのサロモン・アサシンのレビュー記事はこちらです。
19/20モデル・サロモン・アサシン【評価・レビュー・口コミ!!】

3-2スノーボード・初心者板【おすすめ②バートン プロセス】

スノーボードと言えばバートン。その中でもプロセスは形状がハイブリットキャンバーなので両サイドがロッカーの形状なので安定性ががあり真ん中にキャンバーの形状があるため板の反発もそこそこ使えます。

又「安定性」と「操作性」の両方を兼ね揃えているので
特に初心者・中級者の方におすすめのオールラウンドの板
です。

板もやわらかめなので特に初心者の方には嬉しい板です。

バートンのプロセスの図

・形状・・・ハイブリットキャンバー
・長さ・・・152・155・157・159・162
・硬さ・・・柔らかめ
・シェイプ・・・ツイン


バートンのプロセスは初心者・中級者向けのオールラウンドの板です!!

19-20モデルのバートン・プロセスのレビュー記事はこちらです。
19/20モデル・バートン・プロセス【評価・レビュー・口コミ!!】

3-3スノーボード・初心者板【おすすめ③ヨネックス・フォアロック(FOAROC)】

基本的に日本産のヨネックスのは軽く強くて丈夫・操作性がいいです。そしてヨネックスの売りは独自のカーボン技術です。

こちらはスノーボード初心者のおすすめのヨネックス板を紹介している図です。

こちらはスノーボード初心者のおすすめのヨネックスの板の長さを説明している図です。

スノーボード初心者のおすすめのヨネックスの板の構造を説明している図

・形状・・・ハイブリットキャンバー
・長さ・・・136・139・144・148・151・154
・硬さ・・・柔らかめ
・シェイプ・・・ツイン


スノーボード初心者で軽くて操作性を求めるならヨネックスでまちがいありません。
そして国産で6万円台はリーズナブルです。又型落ちだと3万台で売っているのでお財布にも優しい板です。

3-4スノーボード・初心者板【おすすめ④サロモン CRAFT(クラフト)】

サロモンのクラフトの板の形状はビンディングの内側がフラットにして安定性を高め足の下の所だけキャンバーにしているので板の反発も生みます。
外側はロッカー形状なのでプレスなどもしやすくまさにオールラウンドの初心者におすすめする板です。
こちらはスノーボード初心者のおすすめのサロモンの板の形状を説明している図です。

・形状・・・ハイブリットキャンバー
・長さ・・・149・152・154・156・158・160
・硬さ・・・柔らかめ
・シェイプ・・・ツイン

4-5スノーボード・初心者板【おすすめ⑤glay(グレイ) RPM】

キャンバー部分とロッカー部分のハイブリッド構造により、グラトリもライディングも高い次元で両立する。
両足から外側をわずかなロッカーとし、スタンス間はキャンバーというハイブリッド=キャンバー&ロッカーをアールピーエム。スタンス間のキャンバー部で確実なエッジングを容易にし、接点部分のロッカーで、グラトリでの高い操作性を実現。接雪面をフラットにすることでプレスの安定化を実現し、プレスコントロールが足元でしっかり操作できる。そしてキャンバーベースのため、踏んだ時の反発も使えて高さのあるスムースなトリックがやりやすい。キャンバーとロッカーの利点を合わせている、スムースでオールマイティなグラトリモデルだ。

こちらはスノーボード初心者のおすすめのグレイの板のスペックを説明している図

・形状・・・ハイブリットキャンバー
・長さ・・・139・143・147・150・153・156
・硬さ・・・柔らかめ
・シェイプ・・・ツイン