【スノボ・滑り方・初心者講座】滑る前に覚えておきたい「導入技術」

ペンタくん

スノーボードって滑る前に覚えとかないといけない技術があるよね?
例えばリフトの乗り降りとか

ゆう
おっ、ぺんた君いい所に気付いたね。
スノーボードは滑り方を覚えるのは大事なんだけどその前の覚えておきたいことが「導入技術」事があるんだ。
例えばリフトのおり方は覚えていた方がいいね。

降り方がわからなかったら転倒したりしてリフトを止めてしまうかもしれないだ。
なので滑りたいのはわかるけどその前に滑る前に覚えておきたい「知識と技術」を勉強しようね。

スノーボードを安全に楽しくするには滑る前やターンする前に「転び方」・「スケーティング」・「リフトの乗り降り」
など基礎知識や基本操作などを学び「用具と動作」になれる事が一番大事です。

これを覚えることによってスノーボードの上達度合いが一気に変わりますのでしっかり覚えましょう。

【スノボ・滑り方・初心者講座】転び方

・前側に転ぶ時


①最初に膝をつく。
②ヘッドスライディングみたいに転ぶ
※手は絶対につかないでください。(骨折してしまいます。)

・後ろ(背中)側に転ぶとき


①最初におしりをつく
②背中を丸めて寝転がる(顎を引いておく。頭を打つ可能性があるため)
※手は絶対につかないでください。(骨折してしまいます。)

【スノボ・滑り方・初心者講座】歩き方

後ろ足を前側に出しての歩行


①後ろ足を前側に出す。
②行きたい方向にボードのノーズ(先)を向ける。
③顔も行きたい方向に向けるが胸は向けない。(片方ビンディングで固定していないため板が曲がりすぎるので)
④右足も行きたい方向に向ける。

歩き方はとりあえずやってみましょう。

後ろ足を後ろ側に出して歩く歩行


基本的には「vol.1 歩き方」と同じですがポイントは左足のかかとと右足のつま先を「近づけて歩く事」です。
左足はビンディングを付けているので体の中心になるの右足が左と離れすぎるとバランスを崩しやすくなるのです。

【スノボ・滑り方・初心者講座】スケーティング

スケーティングとは板を足でこいで乗る事を言います。リフトの上り下りで使うの必ずマスターしましょう。
vol.1とvol.2でレッスンした「歩き方」に「板に乗る事」を足した物をスケーティングと思って下さい。
ポイントは「行きたい方向に目線を向ける」と「前足(左足)の軸足に体重を乗せる事」です。
「歩き方」や「スケーティング」は前足(左足)だけがビンディングに固定されているので軸は前足になります。なので「後ろ足(右足)」が軸足(左足)から遠ざかるとバランスを崩しやすくなります。
基本スケーティング中は軸足(左足)は固定してください。動かすのは後ろ足の右足だけです。

右足を前側に出してのスケーティング

①姿勢よく左足に体重をのせる。
後は歩き方と同じです。

右足を後ろ側に出してのスケーティング


①姿勢よく左足に体重をのせる。
コツは片足で立つイメージです。→左足の軸足で立つことです。

【スノボ・滑り方・初心者講座】リフト乗り降り

乗り方


①ノーズを行きたい方向に向ける(リフトに乗ったら板は横に向ける)

下り方


①ノーズを行きたい方向に向ける(横に向いているとリフトに巻き込まれるので注意)
②下りる時「後ろ足を板の中心」に乗せてしっかりと立つ
※目線は行きたい方向に向ける。(怖くて下を向くとブレーキがかかってしまいます。)

【スノボ・滑り方・初心者講座】上り方


①登りたい方向に胸をむける。
②右足を前に出す。
③左足のかかとを上げる。
④階段をイメージして小刻みに上がっていく。

【スノボ・滑り方・初心者講座】方向転換


①板を斜めにし立てて回転する。