「スノーボード 板 おすすめ」特集・完全版!!

ぺんた君
そろそろ勉強のスノーボードのおすすめ板を部門別に知りたいんだ。
ゆう先生
いいけどぺんた君が知りたいのは「スノーボードの初心者におすすめの板」だけでいいじゃないの?
ぺんた君
いや、後々の事を考え「カービング部門」や「グラトリ部門」など色んな事が知りたいんだ。
ゆう先生
なかなか欲張りだね(笑)
でも勉強することはいいことだから部門別に説明するんね。

1.「スノーボード・初心者におすすめの板」

スノーボードの「初心者の板選び」は上達度合いに大きく関わり板選びを間違えてしまうと変な癖がついたりしまうので注意しましょう。

初心者におすすめする板の基準があり、「形状・・・ハイブリットキャンバー」・「硬さ・・・柔らかい」・「重さ・・・軽い」・「長さ・・・短め」などがあります。
そして特に大事のなのは「ハイブリットキャンバー」を選ぶことです。

ではハイブリットキャンバーとはなにか?
そしてハイブリットキャンバーを使っている板はどれなのか?
そのなかでも「特に初心者におすすめな板」はどれなのか?

など初心者におすすめの板の「必須情報」が下記に詳しく書いてありますので見逃さないでください。


「スノーボード・初心者におすすめな板㊙情報!!」

2.「スノーボード・グラトリにおすすめの板」

スノーボードでグラトリをする時の板選びはかなり重要でプレスやスピンのしやすさが手に取るようにわかります。

又グラトリの板は逆エッジになり易い構造になっているので怪我を怖がらずにトリックに集中できます。
特に初心者がグラトリをする時におすすめの板の要素は・「板の形状はハイブリットロッカー(ダブルキャンバー)」・「板の長さは短め」・「板の重さは軽め」・「板の硬さは柔らかめ」・「シェイプはツインチップ」です。

そして特に大事のなのは「ハイブリットロッカー(ダブルキャンバー)」を選ぶことです。

ハイブリットロッカー(ダブルキャンバー)とは簡単にい板をしならせて板の反発を利用できるのでスピンなどが特にしやすいのです。

又グラトリする人には絶対おすすめな板のブランドがあります。
それは「011 artistic」です。もう性能だけでグラトリ板を選ぶならこのブランドだけを選んでいれば間違いないと言っても過言ではありません。

ではこの「011 artistic」のなかで
「スピンするにはどの板がおすすめなのか?」
「高さを出すにはどの板がおすすめなのか?」
「グラトリ初心者にはどの板がおすすめなのか?」

また「011 artistic」はすこし高いので
性能が良くお値段がリーズナブルでお勧め板はどれなのか?
などグラトリするにあたっておすすめの板の「必須情報」が下記に詳しく書いてあります。


「スノーボード・グラトリにおすすめな板㊙情報!!」

3.「スノーボード・カービングにおすすめの板」

スノーボードのカービングの板の選び方を間違えしまうと板の反発が使えなかったり切り返しが上手くできなかったりカービングに支障をきたしてしまいます。

カービングでお勧めな板の大事な要素は「形状・・・キャンバー(板のしなり・反発を使いたいため)」
「硬さ・・・少し硬め(あまり硬すぎると遊びがなくなるので)」
「長さ・・・少し長め(高速時安定性を求めるため)」
「シェイプ・・・ディレクショナルツインorディレクショナル(基本的には体重が後ろにある方がいいため)」などがあります。

これらの要素があるとハイクオリティなカービングができ上達速度もいっきに上がります。

特にカービング中心のオールラウンドの板で人気があるのが「OGASAKAのCT」と「BC STREAM S」です。
「ではこの2つの板の性能や違いは?」
他にカービングでお勧めな板は?
などカービングするにあたっておすすめの板の「必須情報」が下記に詳しく書いてあります。


「スノーボード・カービングにおすすめな板㊙情報!!」