スノボ・上達のコツ「事故や怪我の軽減の仕方」を勉強する

上達のコツ
ゆう先生
はい、それではぺんた君、今日はスノーボードの怪我について勉強しましょう。
ぺんた君

先生、怪我について勉強して意味があるんですか?

ゆう先生
、、、。(笑)
スノーボードの怪我を勉強するということは

怪我のしやすい場所がわかるんだよ。
怪我の場所がわかるということは
「どういう動きをしたらなるかが予測できるんだよ。」

事前知識で知ってていれば気を付けて怪我をしにくくなるんだよ
又怪我のしやすい場所がわかればそこにプロテクターを付ければ怪我の軽減も」してくれるんだよ。

ぺんた君
なるほど、事前知識とプロテクターで怪我がしにくくなるということだね。
なんだかガツガツせめれそうだなぁ
ゆう先生
それはあぶないかなぁ(笑)
また初心者と上級者では滑り方もかわっくるので怪我のする場所も少し変わってくるよ。
簡単に言うと

上級者はワンメイクやハーフパイプなどをするので頭からぶつけってしまうことが多かったり

初心者はフリーランがメインで逆エッジになって前からこけるので手首や肘を付きやすかったりするんだよ。
ぺんた君
なるほど、奥が深いだね。

一生懸命勉強します。(笑)

事故や怪我についての勉強とは?
・どういった動きをしたら怪我をするかを事前知識で身につけれる
・怪我をしやすそうな場所にプロテクターをつけ軽減できる

 

全国スキー安全対策協議会の怪我のデーター

 

ゆう先生
これが全国スキー安全対策協議会が出しているスキー場においての怪我のデーターだよ。

まずは怪我のしやすい年齢と技能の図だよ。

スノーボードでの怪我の年齢や技能

 

ぺんた君

わぁ、明らかにスノーボードで怪我をする人は20代で初心者の方が多いんだねl

ゆう先生
そうなんだよ、

スノーボードの怪我をした人の技能の割合が
初めて・初級者が約51,3%、中級者で39,7%→
合計中級者以下の怪我の割合が91%

スノーボードの怪我をした人の年齢の割合が
20代以下が70,2%、30代が20,2%,→合計30代以下の怪我の割合が90,4%
20代以下の方は初心者の方が多く、体の使い方やコケ方を知らない人が多いため怪我をしやすいと言われてるんだよ。また、若いので無茶する人も多いからねぇ。

ぺんた君
30代以下で中級者以下の怪我の割合が約90%って驚愕だね。(>_<)
ゆう先生
続いては傷害部位と種類を説明するね。

スノーボードでの障害部位と種類

ゆう先生

傷害部位では

1位 肩の脱臼

2位 手首の骨折

3位 頭部の打撲

です。スノーボーでの怪我で多いのは上半身なんだよ。
これはスノーボードは足を固定するため上半身の自由がきくからなんだよ

ぺんた君
上半身のプロテクターほしいなぁ、、、(笑)
ゆう先生
特に肩のの脱臼が多く一度脱臼するとよく外れやすくなるので気を付けた方がいいよ。
先生も若い頃グランドトリックの練習をしてよく肩をぶつけてしまい
気が付いたら脱臼癖がついてしまったんだ。


今まで外れた数は100回以上(>_<)

ぺんた君
えっ、そんなに?
スノーボードってそんなに危険なの??
ゆう先生

正しい知識を身につけていれば怪我はしにくく怪我をしてもプロテクターをしていれば
軽減されるんだよ。なのでぺんた君もしっかり勉強してねぇ。

ぺんた君
はい、心を入れ替えお勉強します(笑)
ゆう先生
続いては頭部打撲の割合だよ。

スノーボードでは約15%の確立で頭部を打っているのでほんと頭は大事なので
ヘルメット着用はした方がいいね。

安心感もかなりあるしね。

ぺんた君
頭はやっぱりこわいね。
ちゃんと着用します。

スノーボードでの怪我の原因

 

 

ゆう先生
続いては受傷原因の一番がスノーボードでは72.2%が

「バランスを崩し転倒
だね。やはり初心者の方はバランスを崩しやすいので気を付けたほうがいいね。

ぺんた君
スノーボード怖いよ(笑)
ゆう先生
何度も言うけどちゃんと知識をつけて頭に入れて、プロテクターなどを付ければ凄く
事故も減るし、事故が起きても怪我の軽減はできるよ。
ちょっと今までのをまとめてみるね。

まとめ

 

事故や怪我についての勉強の意味
・どういった動きをしたら怪我をするかを事前知識で身につけれる
・怪我をしやすそうな場所にプロテクターをつけ軽減できる
全国スキー安全対策協議会のデーター
・スノーボードの怪我をした人の技能の割合が
初めて・初級者が約51,3%、中級者で39,7%→
合計中級者以下の怪我の割合が91%

・スノーボードの怪我をした人の年齢の割合が
20代以下が70,2%、30代が20,2%,→合計30代以下の怪我の割合が90,4%

・スノーボードの傷害部位と種類では

1位 ☆肩の脱臼

2位 ☆手首の骨折

3位 ☆頭部の打撲

なので
初心者・中級者は肩・手首のプロテクターは必須
ハーフパイプなどに入る中級者の人はヘルメットも必須

・受傷原因は「バランスを崩し転倒」72,2%=初心者

ゆう先生
結果30代以下で中級者以下の怪我の割合は約90%あるので事前知識の勉強とプロテクター装備はしといた方が
いいね。
ぺんた君
べっべっ勉強になりました。今すぐ事前勉強とプロテクターの購入を行います。(笑)