「スノボ用グローブ」の選び方ポイントは3つ!!

道具の選び方&知識
ぺんた君
ゆう先生、この前スノボ用グローブを買って滑ったらすぐ濡れたんだけどないか選び方がわるかったのかな?
ゆう先生
一見、グローブなんか「どれでも同じじゃないの?」と思うかも知れないけど全然違うよ。
スノボ用グローブも正しい選び方があるから覚えてから購入しようね。

スノボ用グローブの種類

①グローブタイプ
五本指のグローブ
これは定番タイプで5本指が分かれているグローブです。
このグローブのメリットは5本に分かれているためビンディングをしめる時などやり易いです。
初心者はビンディングをしめる事や細かい作業が苦手なのでグローブタイプをおすすめします。

②ミトンタイプ
ミトングローブ
このタイプは見た目がかわいいため女性に人気があります。
またのミトンタイプは人差し指~小指までつながっているため保温性に優れています。
デメリットはグローブタイプと違い細かい作業が苦手なため初心者には不向きなグローブと言えます。

グローブの「耐水圧」

グローブ選びではかなり重要でウェアでも「耐水圧」がかなり大事なんですがグローブも同様かなり大事です。
スノーボードは手が雪面に触れる機会が多いのでグローブは濡れやすいため「耐水圧」は高い方がいいです。
目安は10,000mm以上あれば大丈夫です。
指先は濡れやすいので一度濡れてしまうと手先が冷えてしまいビンディングをしめるのも大変になりますので「耐水圧」は高めの物をおすすめします。
「ゴアテックス」もありますので濡れるのが心配という方は耐水圧の王様の「ゴアテックス」を選びましょう。

グローブのインナーは「取り外しできるのか?」

これもすごく大事でグローブのインナーが取り外せるタイプを選びましょう。

理由は「洗濯が簡単」にできるからです。インナーだけ取って洗濯ができるのでとってもらくちんです。
又インナーとアウターの二重構造になっていると「保温性」にも優れているからです。

安いグローブになるとインナーが無い物もありますで注意してください。

グローブのサイズは?

ジャスト~少し大きめがいいでしょう。
理由はグローブを外すときに「楽なため」です。

間違っても小さいサイズはやめときましょう。外すときに大変な事に、、、。

防水スプレーをしよう

手は雪面に触れやすいため「濡れやすく」「汚れやすい」ので「防水性」と「汚れ防止」がある防水スプレーをお勧めします。

滑る前にふるだけで防水性UPしグローブが長持ちします。防水スプレーは「お財布にもやさしい」アイテムです。

まとめ

・スノボ用のグローブ選び方で大事なのは「耐水圧」と「インナーが取りはずしできるタイプ」の2点

・濡れやすいグローブは防水スプレーもしとく方がベター

スノボ用グローブ おすすめ

スノボ用品を購入しよう