「スノボ用プロテクター」の選び方

道具の選び方&知識
ぺんた君
「スノボ用プロテクター」があればすごく上手くなれそうなんだけどどうかな?
ゆう先生
おっ、ペンタ君いい所に気づいたね。「スノボ用プロテクター」はすごく大事で付けていると付けていないでは成長に差が出るんだ。
それでは今から説明していくね。

スノボ用プロテクターの選び方「最も大事な事」

まずはじめにプロテクター選び「最も大事な事」は安くてもいいので

まずは付ける事

です。初心者スノーボーダーの中にはつけない方もおりますがおしりのプロテクターだけは絶対付けることをお勧めします。
その後に「プロテクターの選び方」を考えます。

スノボプロテクターを「付ける理由」

痛みの軽減&怪我の予防

これ凄く大事です。スノーボードは激しいスポーツなので怪我をしてしまう事が多いです。
しかしプロテクターをしている事によって転倒しても「痛みを和らげ」「怪我をを予防」してくれる大事な役目です。
プロテクターをしていると事で骨折しなかったって事が多々あります。
又「痛みを軽減してくれる」のはほんと助かります。

精神的安心を得るので「集中できる」

プロテクターを付ける事は転倒しても「痛みを軽減してくれる」ので精神的にも安心感を得るため「集中できる」できます。
これスノーボードの上達で「凄く大事」です。
むしろこの事によって攻める滑りやキッカーなどでも大技に挑戦できます。
ディフェンスがないとオフェンスはできないですよね。

風を通さないので保温性が上がる

スノーボードをしているとスピードを出すのでウェアやズボンの中に風が入って来る事がありますが
プロテクターと肌が密着しているので風をとおさないので保温性が上がり助かります。

ズボンの中まで濡れても大丈夫

初心者スノーボードはよくこけますのでおしりの部分が濡れてきます。
そして中までしみてくる事がありますがプロテクターをすることによってパンツまで濡れるの防いでくれる事が多いです。
あまりにもこける場合はわかりませんが(笑)

スノボプロテクターの「選び方」

プロテクターの種類

おしり
おしりのプロテクター
このタイプはプロテクターの中でも「一番重要なタイプ」で初心者の方には「必須」のプロテクターです。
転倒する時、一番おしりを付くので「おしりの痛み」と「おしりの部分が濡れやすい」と言われてますがその悩みを軽減してくれるのがこのおしりのプロテクターです。
これがあるのとないので全然楽しめ方が変わります。
もうおしりが「痛い」や「冷たい」などは言わせません(笑)

上半身
上半身のプロテクター
スノーボードでは肩を一番ぶつけやすく脱臼をしやすいのです。
又グランドトリックでは「逆エッジ」になりやすいので特に肩をぶつけやすいのですがそんな時に上半身のプロテクターの肩パッドがあればこんな心強い物はありません。

後部の背中のパッドは脊髄を守ってくれます。
脊髄を大きく損傷すると寝たきりになる事もあるぐらい大事な部分です。
パイプやキッカーなどで背中から落ちた時に怪我の軽減をしてくれる大事なパッドです。

スノーボードの傷害部位と種類


膝のプロテクター
普通に滑っているときは膝をぶつけるのはあまりないですが
レールの時は膝をぶつけやすいので膝のプロテクターがあれば助かります。

手首
手首のプロテクター
手首は初心者の時に「こける時」や「逆エッジ時」などに手をついてしまい骨折してしまう方が多いです。
そんな時に守ってくれるのが手首のプロテクターです。
グラトリなどをする時もあると嬉しいアイテムです。

プロテクターの大きさ

フィットサイズから少し小さめぐらいまでならOKです。
理想は

「窮屈でないギリギリのサイズ」

です。
少し小さくてもプロテクターは伸縮性があるので窮屈で泣ければOKです。
大きめをだとスノーボードをしている最中にずれてしまう可能性があるので注意が必要です。

プロテクターの硬さ

プロテクターの硬さは「柔らかい物」から「硬い物」までありますが
柔らかいプロテクターは「面」に対して吸収力があり威力を発揮します。
転倒した時「雪」は柔らかいので体に対して面で当たりますので柔らかいプロテクターが威力を発揮します。

逆に硬いプロテクターは「点」に対して吸収力があり威力を発揮します。
転倒した時アイスバーンの状態で「氷」の場合、硬いので体に対して点で当たりますので硬いプロテクターが威力を発揮します。
このように雪なのかアイスバーンなのかによって向いているプロテクターの硬さは変わりますが基本は柔らかいプロテクターをお勧めします。

スノボプロテクター おすすめ

スノボ用品を購入しよう